ココは只の水溜りなのか

釣りキチゆえに今まで釣具屋さんにお支払いした金額でラク~に家が建つ男が、チープに目覚めてご近所を釣りまくる!というお話

--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-11-21-Fri-12:15

【 シュアジギ 】 千々石サーフから小浜までウロウロする。

11月20日 千々石サーフからスタート。

わ~い、休みだ休みだ! 夜明けから釣り三昧するぞ~!
と、前日から意気込んだものの、人間界の普通のおじさんにはやらないといけない雑多が多いんですな。 あれやこれやして、ああん?という数件の電話もこなし、やっと家を出たのは昼前というお粗末さ・・・トホホ。

この時間からサーフはないでしょ?と思うが、なんかねぇ、サーフ良いんだよなぁ。
目線と海のサーフェイスが近いでしょ。 こう、力一杯「ヤァ~!」ってキャストすると、俺は海に来たんだなぁ~!って気分になる訳。

イヤ、そりゃまぁ、港に行っても磯場に行っても海に来たんだとは思うのだけど、なんちゅうかなぁ、そう、開放感ね。
溜まらんのよね。 サーフ良いの。

僕には千々石サーフが有って良かったとホント思う。 岬の断崖の上で「ジャガちゃん」を売っているナンじゃらセンターのおじさんのマイクの声は邪魔だが、波の音ってイイよなぁ・・・癒されるなぁ。

しかしだな、最近本当に此処は釣れないなぁ。
2,3回投げては移動を繰り返すが、生命反応はゼロ。

最近ではこんな青物釣れましたよ~!的な記事は誰も僕には期待して居ないのは解っちゃいるのだけれど、それにしても酷くないかい? せめて50投に一回位は何かの生命反応が有っても良いんじゃないかい?

ああ、とうとうお昼の音楽が浜に響き渡る。
浜にへたり込んでリーダーを組み直す。  と、いきなり大規模なナブラが出来る。

ほう、サワラさんだ。 随分大きいなぁ。 うひょ~、ベイトも大きい。15~20センチのナンじゃろか?ナンか空中に舞っているのが見える。 

リーダーを組み終えてシンペンを投げる。 うう、少し届かない。
仕方ないのでダイソージグでナブラ撃ちする。  

??・・・ 何回通してもヒットしない。 というか、アシストオンリーでやってはいるが、スレで引っかかってもナンの不思議もない感じなのに、コツンもモソッもナンも無い。  どういう事?

あ~あ、こりゃダメだ。 サワラが青物かと言われれば困るが、これで釣れて呉れれば青物だと認定してやろうと思っていたのに、親の心子知らずで、ほんと、サワラって恩知らずな奴だ。 

もう、お前ら、産んだ覚えも育てた覚えもないからな!

と、一人浜で地団太踏むが、当のサワラとて僕から産まれた覚えもナンもない筈だ。 だって産んでないもんなぁ。





しかし、本当にスレでも引っ掛からんの?なんて、もはやルアーフィッシングとはかなりかけ離れたハートで、ネチネチ投げると、「グスッ!」と乗った。

うふん、掛かればナンでも良いのよ~! あ、バレた! いや、ナンか付いてる? 
あのデカイサワラさんじゃないよな・・・ ナンじゃろか?






2014-11-20 12.19.24-3

ふ~、ニョロニョロさんでした。


ああ、イイよ、イイよ、君達の骨は気持ち悪い青だったね。 そういう意味で青物に認定してやろうじゃないか! 

だから、安心して海に帰りたまえ。

という事で、僕的青物にダツも仲間入りする事になりました。


ええ、まぁ、そりゃ、ブログ更新していない間はダツとずっと遊んでました。 なんだ、ダツも青物なんだから、堂々と更新しとけば良かったんだ!


しかし、


こういう佐村河内ダツ夫君やら、

2014-11-14 15.13.52


小保方ダツ子さんやら、

2014-11-14 16.42.55

暴れるダツやら写真載せて・・・

2014-11-14 17.07.33-2


誰が見る?




トボトボと浜を後にする。

イイんだもん。 今日はこれからウロウロするんだもん。



という事で、サーフを諦めて穴場やら有名所を撃って廻ったが、さっぱりの不発。





いや、まぁ、 こんな綺麗なハマエソ君や・・・

2014-11-17 14.55.22






何故かヒットエンド即死のワニエソ君など、

2014-11-20 14.53.03

青物から離れた練り物はボチボチ掛けました。


仕方ないので夕マズメに全てを賭ける事にします。
全く勝算ないけどね。 ほれ、幾ら田舎でも夕方帰るとそこそこ渋滞する訳だし、だったらその時間ジグ投げてた方が幾らか気分良いし・・・ 

という程度のノリ。

おお、太陽も随分とローライトアングルになったじゃねぇか?と思って居たら、不意に素晴らしいナブラが眼前に広がる。
ふ~ん、こりゃまた随分と小さなサワラの大宴会だ。

まぁ、犬達の餌の確保だと投げる。 もう、釣れればナンでもOKなのね。

しか~し、こりゃまた良くもスレでも引っ掛からんものだと感心する位に無反応。

そうか、お前ら無視か・・・ なら良いや、俺も無視してやっからな!


こういう大規模な雑魚ナブラの下に大きな本命がウロウロしていた事が過去に多数あるんだなぁ。 勿論ダメな時もあるんだけど・・・


ネチネチと深い所を責める。
な~んもないわ・・・  

しつこいおじさんは人間のおねえさんにも嫌われるもんなぁ。 今日はつくづくダメな日なんだなぁ・・・

と、思いながらも、モクモクとキャストだけは続ける。  
ナブラの下を下を攻める。

「グスッ!」

ほう、いきなり来たわいな! ヤズだったら良いけどなぁ・・・
いや、どうもサワラっぽい。 

顔見知りの漁師が来て僕のタモを取り、掬って呉れた。
「あれ、このサワラは上等だなぁ」なんて言う。

うん、55~6センチ位だね。
2014-11-20 16.48.35-2

やっと魚を釣った気分になった。
その後、同じサイズを一匹追加。

「パン!」と海から異音がしたので、ヤズじゃね?と漁師とその音の方向を確認するが、「プシュ~!」と出たのは、恐らくスナメリでは最大級に立派な奴。

同時に魚っ気がゼロになった。


夕闇が少しづつ迫って来て、寒くなって来た。


寒くて震えてるんだか、酒が切れて震えているんだか解らんなぁ!

と、言って見れば、こんな下らない冗談でも、本当に寒いので漁師には大いにウケた。
どうも酒を飲みたくなってきたという事で漁師は帰る。




ヨレヨレの爺さんが入れ替わりに来る。
「アジなの?」と聞けば「うんにゃ、太刀」と言う。

ええ?まだ釣れているの?
寒いし、流石に帰ろうと思って居たが、一匹顔を見てから帰る事にする。

ふふん、キビナゴを付けてのウキ釣りだと小さいながらも元気なタチウオがポンポンと景気よく上がる。

いゃ~、普通ポンポン行くのはルアーでしょ?と思うが、タチが小さ過ぎるのかずっとバレ続ける。




仕方がないので、爺さんの横まで行って

寒くて震えてるんだか、酒が切れて震えているんだか解らんなぁ!

と言って見る。

本当に寒いので、馬鹿ウケする。






また暫くモクモクとシャクシャクする。 触るがバレる。 凍え死にしそうだ。
随分遠いが、もう一人見たことある爺の所まで行って様子を見る。  

ええ?、もそんなに釣ったの? キビナゴ強し!



ついでだから、


寒くて震えてるんだか、酒が切れて震えているんだか解らんなぁ!

と、言って見る。

爺さん腹を抱えて大笑いに笑う。   ・・・・ そんなに面白い訳ないでしょ?

寒さは人の思考能力を大幅に落とすものらしい。




そして、とうとう僕にも来ましたよ。
指3本チョイオーバーの美味そうな奴です。

写真はこんなのしか無い。 だって寒くて上手く撮れなかったんだもん。


2014-11-20 18.20.10


しかし、随分とシブい海になりました。
でも、シュアジギの極意はお解り頂けたと思う。

ナンでも良いから釣れるまで投げ倒せ!

まぁ、これに尽きますな。





34位です。 有難うございます。

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。