ココは只の水溜りなのか

釣りキチゆえに今まで釣具屋さんにお支払いした金額でラク~に家が建つ男が、チープに目覚めてご近所を釣りまくる!というお話

--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-11-04-Tue-12:00

【 番外 】 島原ぶらり釣り やっぱり有明海は超楽しい。 (後編)

10月31日 島原半島


誰かとワイワイ釣りをするのも楽しいものだが、一人で気ままに釣りをするのもまたイイ。
何となくコンビニに寄りたくなるが、ちょっとコンビニ中毒っぽい気がしている今日この頃なので、我慢して走る。

なんか名前は不明の港が見えたので寄って見る。 意外と大きな港なのだが、だ~れも居ない。
フラフラと海を覗いていると、遥か大昔に此処でシーバス上げた筈だと思い出した。 

少し港の形状は変化しているが、間違い無さそうだ。
港内の潮通しが良い場所を選んで撒き餌を入れて見る。 竿もナンも持たないで、只純粋に撒き餌だけ入れていく。

20分位時間経過して、ギラッと魚が反転する。 チヌかキビレっぽい。
空がちょっと暗いんじゃないか?と思っていたが、細かい粒の雨が降り出した。

雨に濡れながら釣りをするでも無く只撒き餌を海に入れるおじさんが一人・・・・


奇怪です



雨は嫌だなぁ・・・帰ろうかなぁ・・・
レインギアは馬鹿程持っているのだけど、うかうかした馬鹿者だから持って来てないのだった。

取りあえず車に戻って思案する。
もう少し走ろうかな?

暫く走って須川港に着く。    よしよし、何とかやれん事もない霧雨だ。

じい様が釣っているので、様子を聞くが、アジとクロ(グレ)が釣れるらしい。 アジなら横で僕も撒き餌を入れるから並んでやりましょう!と提案すると、爺さんもそれが良かろうと言う。

知らんじい様と並んで釣る。
20分経ち、30分経ち・・・

釣れないじゃないか・・・

雨もまぁまぁ本気で降り出す。

ええと、アジ居ませんねぇ・・・
恐る恐るじい様に聞く。

ああ、アジは夜ね


クソジジイ!話が違うじゃねぇか?

じゃぁ、お前は今まで何を釣っていたんだい?

雨がザーザー降る。


その時沖でナブラが立った。
「あれはナンじゃろか?」 とじい様が言うので、「サワラですよ」と教える。 いや、サワラはこの辺には居ないと言う。
いや、サワラだって!

じい様の友達が来た。 また、「あれはナンじゃろか?」と二人で沖を見て居る。 だから、サワラですって!
二人共幼稚園生みたいなウブな目で僕を見ながら、

この辺にゃ、サワラは居ないよ~!

と断言する。


まてまて、あれはジグが届くなぁ・・・ この糞ジジイにサワラでも見せてやっか?
急いでタックルを組む。

と、「この雨じゃダメだぁ~」とか「魚なんか何処にも居らんわい」とか声がして、じい様達は帰る準備をし出した。

待て待て、帰るな! あれはサワラなんだからぁ~!

待てぇ~! ああ、帰ってしまった。



仕方がないので雨の中サワラを撃つ。
スグにヒット!  ほら、絶対サワラだもん!

「スカッ」とバレる。


次もその次もスグにヒットするが、やっぱり「スカッ」とバレてしまった。
なんでかのぉ?

とうとうナンも反応が無くなってしまう。 だってなぁ、サワラだよなぁ・・と猫に語り掛ける。


こうなりゃ意地だ。 サワラを釣るもん!
ああやり・・・こうやり・・・
どうだこりゃ?

ぬぉぉぉぉ!遂にヒットぉ~!




ほぅ、これがサワラですか?
IMG_4092.jpg
いや、猫君、騙してゴメンね。 エソですよ、エソ!


ん~、もう、だって、サワラ居たもん。 もうイイもん。
雨の中、背中丸めてタックルを仕舞う。

撒き餌がまだ残っているので、馬鹿の延長戦でアジに戻る。
日も呉れて暗くなるとなんじゃ?小さなアジ!という奴が良く釣れた。

港の照明が入ると更に良く釣れ出すが、撒き餌が切れた。

釣り場を掃除して照明の下に集まった地元のじい様やばあ様や猫達に釣果をプレゼントする。


一人のじい様がそんな小さな餌木何処に売っているんだい?という奴を投げ出した。
え?どんな烏賊が釣れます?と聞けば、

「この辺じゃハナタレと呼ばれる小さなイカが釣れる」と言う。

興味が沸いたので、雨の中暫く見学する。
しかし、このじい様もあんまりお上手に見えない。
 
「難しい釣りですか?」
と聞けば、

「いや、釣れる時は釣れる」
と言う。

・・・・ そりゃまぁ、釣れる時は釣れるだろうし、釣れない時は釣れないだろうし、やる時はやるんだし、ダメな時はダメなんだし、帰るつもりの男でも、雨に濡れても再び起つのだしぃ~!



俺って馬鹿だ。
寒い、流石に寒い。もう今では下着までしっかりと濡れている。  でもその「ハナタレ」という烏賊を見てみたい。
三号の餌木をセットしてこの辺じゃ?という場所を撃つ。

いや~、そんなデカい餌木に出るかぁ?とじい様は言うが、あっさりヒット!
うん、

「出る時は出るんですよ。」

ええと、ハナタレってこのダゴイカですか?

IMG_4095.jpg

と、じい様に聞くが、
う~ん、そうかも知れん・・・
という曖昧なご返事。

ええ?じい様ぁ!本当はじい様ナンも知らん人なの?




(^^♪此処は島原半島ぉ~ トワイライトゾーン~


その後数杯連続ヒットさせて、「あの人は名人だ」というヒソヒソ声が聞こえた頃、とうとう寒さで命の危険を感じたのでストップフィッシングとしました。

しかし、人も魚も謎が多くて新鮮だぞ、島原半島。
ラブです。 島原半島ラブです。

本当はルアーで青物って記事を書きたいのだけど、釣れればナンでも楽しいなと思います。
あんまりマジでテンパってやり過ぎるのも何処かで楽しくなくなってしまうしね。

まぁ、楽しく釣るさ。 でも、マジ寒いって! 良い子はちゃんと雨具着ようね。
真似しちゃダメよ。 死ぬから。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。