ココは只の水溜りなのか

釣りキチゆえに今まで釣具屋さんにお支払いした金額でラク~に家が建つ男が、チープに目覚めてご近所を釣りまくる!というお話

--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-10-29-Wed-13:30

【 サーフ 】 短い秋の砂遊び 千々石サーフ

10月20日 千々石サーフ


随分と忙しい日々が続いて釣りレポを書く暇が無かった。 
色々な人が覗きに来ているのが解っているだけに、何か書きたいなと思って居ましたが、少し書く余裕も出来る予定がありますので、またボチボチ書いて行けると思います。


さて、秋ですねぇ~! 
秋と言えばサーフですね。  ヒラメやらコチやら砂浜に接岸する時期です。

実はサワラがとても好調で、こっそりサーフで爆釣していました。 サイズは40から50チョイ超えまで。
どれくらい釣れたかと言えば、まぁ、普通に朝の短時間で2~5本という感じですが、爆発する日はリリースしまくって、ちょっとリリースはなぁ・・・というダメージ負った奴をキープしたとして、持ってきたクーラーに入らない位釣れた。

地元の爺さんも「そんなに釣れるものなのか?」とビックリして友達を連れて見物に来た位でした。
ひろ~い砂浜で僕一人でせっせと釣って居りました。

そんなウブで元気なサワラも随分と大きく成長して、遥か沖で大宴会を開く様になりまして、もう僕の投げるダイソージグには反応しなくなりました。 

そして、それと入れ替わる様にコチが釣れ出して居ますよ。



朝、まだ暗さが取れない時間からサーフに立つ。
ダツに切られまくったPEラインだが、巻き替えるのが面倒なので何日かそのまま使っている。  何だか随分と短くなって、スプールに適正な状態で巻かれているとは言い難い。 当然飛距離も落ちている。

暗さが取れてしまわない朝の時間はシーバスも食って来ますので、それもちょっと期待してやっている訳です。
僕以外の人はボチボチ出している模様です。  サーフのシーバスは銀ピカの綺麗者ですもんね。 サイズも70以上で90もボチボチという感じ。  地元の人はキープして食べているみたいで、「美味いよ」なんて言うので、本当に美味いかも知れない。 僕は食べないけど・・・あんまりデカいと料理も大変ですしね。

黙々とジグを投げるがナンの生命反応も海からは帰って来ない。
大体サーフの釣りは同じ場所で粘るか、適当な回数投げてから足で稼ぐかのどちらかだ。

まぁ、足で稼ぐ事にするか・・・
5~7メートル移動した2投目、偉く遠くでゴゴン!と乗った。
ゴンゴン、バンバン首を激しく振るのでコチ確定。

遠いなぁ・・・良くファイトする。 バレんだろうか?

ちょっとドキドキでキャッチした40後半のコチ。


2014-10-20 06.19.14-2

コチってそんなに美味い魚でもないけど、僕は一人用鍋の素で野菜とコトコトして食べると美味いと思う。
刺し身美味いよ!という人は多いけど、コチの刺身は超面倒な割には味が追い付いていないと思う。
ヒラメだったら何しても文句ないですが・・・



さて、お土産は出来たのでお気楽ですが、それからはナンもお魚が釣れない。
8時も過ぎて(此処は8時に浜に音楽が響き渡るのだ!)陽も顔に当たって暑い。






あれ、何か追った様な気がする。
実はベイトがマッチしていないのは承知でジグを投げまくっている。

此処は現実に歩み寄り、バーニーに自作の曳き角を装着。  なんか漁師ちっくで薄いコンドーム装着程度の違和感をココロに感じるが、自作って事で勘弁というか、納得する事にする。

その一投目、あっさり出る。
う~ん、ちっこいサワラさんだ。

でも、でも、犬達のご飯は出来た。 

犬は食えればナンでも喜ぶ素直な奴等なので好きだ。 家内のリンリンなんか今や最高級魚と言って良いアコウを料理してやっても、

「ええ~? またアコウなの・・・ウゲっ」

としか言わない。


それに比べると犬は一万倍カワイイじゃないか。
待ってろよ~犬達! 丁寧に血抜きしてワタも出して最高に美味い状態にしてやる。
最高って言ったってこんな小さなサワラですけど・・・

2014-10-20 07.10.15


気を良くしてバーニー投げまくるが、それからはナンの生命反応もない。
誰も見ている訳ではないが、馬鹿みたいに見えるのでジグに戻して歩け歩け作戦で行く。

汗はダクダク(ウェーダー履いてると暑いですわね、奥さん) 投げても投げても無反応・・・
時間がダメなのか?

もうそろそろ時間も怪しくなって来た。 仕事もあるしな。
まぁ、しかし、此処は只の水溜りですか?
なんてぼんやり思っているといきなり来た。

ガッツン、ガンガン、ゴゴンと引く。 大きいぞ? 

よっしゃ~! コレ獲って帰るぞぉ~!

「スカッ!」


えええええええっぇえええ~? バレたの?



ああ、クソっ、大きかったのにぃ・・・
逃げた魚はいつだって大きいのだ。


しかし、コチさんの生態として一人ぼっちで行動しているのは稀なので、近くにいるであろうお友達?恋人?を探す事にする。

丁寧に丁寧にさっきバラした周辺30メートル位を異動しながら探る。
残り時間は後僅かだ。 これでダメなら潔く帰るしかない。

やっぱダメかぁ?
後2投位が限界か?

ゴゴン!
おっと、来たぜ!

なんか小さいが、素直に嬉しい。 狙い通りだと小さいとか大きいとか問題にしてはいけませんよ。

うん、まぁ、食べ頃サイズって事で!



2014-10-20 11.02.29-1




ロッドを畳んで遠い車までサーフを歩く。
中年のくたびれた男には高負荷な運動だと思う。 

もう汗ダクダク・・・


途中鳥達が沢山浜に打ち上がったシラスイワシを拾っていた。
人間が食っても勿論バリ旨なんだが、200匹は拾わないと食った気にならないもんね。

ここでの漁夫の利は鳥達に譲る事にしよう。




2014-10-20 12.26.15







スポンサーサイト

COMMENT



2014-11-02-Sun-04:18
初コメ失礼です(*・ω・)ノ
数年前に千々石サーフで、そりにクーラー乗っけてた者です(*^▽^*)
あれから、こちらに戻ってまして
たまたま、ブログ発見しました。
いつも、お見事な釣果です

お見かけしましたら、声かけますので、よろしくお願いします。

マゴチは、唐揚げも良いですね~♪

2014-11-02-Sun-09:11
そりの人です様へ。色付きの文字

おおおおぉ、お元気でしたか?
僕は今、捨てられていた衣装ケースをソリにしてサーフを楽しんでいますが、イマイチ引き抵抗が強くて、エジプトの奴隷ってこんな感じだったんだろうなぁという風味のサーフ親爺に仕上がって居ます。

流石に近日中に本物のソリでも買うかなぁ・・・なんてぼんやり考えていた所なんです。

ええと、僕は随分と痩せましたので、僕だと解らない人も多いみたいなんですが、あそこでソリ引いているのは貴方と僕くらいしか居ないでしょうから、スグに解ると思います。

コメント有難うございます。 嬉しいな。

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。