ココは只の水溜りなのか

釣りキチゆえに今まで釣具屋さんにお支払いした金額でラク~に家が建つ男が、チープに目覚めてご近所を釣りまくる!というお話

--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-06-10-Tue-16:39

【 ヤエン 】 型が段々小さくなって来てます。西海町でイカ遊び。

6月3日 西海町。

釣りたくて辛抱溜まらんで朝まずめを狙いに行く。 活きアジはとうとう釣れない。
仕方がないので冷凍アジで行く。

何だか500g行かない感じのアタリが多発する。 とうとうデカいイカは終わったのか?
仕事の関係で午前8時までと決めていたので、そろそろ場所を掃除して・・・と思う7時45分やっとキロ級を掛ける。

写真を撮ってリリース。

3日のイカ


6月4日 西海町


知人に最近釣りに行かないんですねなんて言われて、何で?と聞くと、だってお土産呉れないし・・・と仰る。
ええ、そうなの? 要るんなら要ると言えよ。 ずっとリリースしてましたよと言えば、イカなら欲しいとの事。

面倒臭いので家まで取りに来てね!って約束で、今日はオールキープの釣りをする。
久しぶりに夕まずめが狙えるので嬉しい。 イカは断然夕まずめだよね! ね!

アジも狙うが、ポンポンと二匹上げた切りで後は全くダメ。  なんか随分デカいアジで活餌としては迷うが、まぁ、何とかなるでしょ。

グリグリ、バンバン泳いで頂くが、一匹はどうした事か突然死する。  うう、せめてイカに齧られて死んで呉れないか?
まぁ、アジの身になって見ると生きる希望って奴が全然ない状況な訳で、可哀想って言えば可哀想だ。 僕なら即死するね。解るよ。

仕方ないのでチヌ針を外してスパイダーヒッチでダブルラインにしてチワワでアジの尻尾に固定する。後、3~4回ハーフヒッチを追加して完璧。 死にアジで釣り針使うと色々触りたくないお魚も釣れるでしょ?晩は危ない。

さて、アジに竹ヒゴも通して身体を真直ぐにしてやって投入するか?という段になって、もう一本出していた活きアジのドラグが勢い良く鳴り出す。  おお、デカい感じムンムンじゃありませんか!
ラインを手に取ると、「ズン!」と来る。 ヤエン、ヤエンと・・・あれ? プンと軽くなる。 嘘、離したの?

一応そのまま落とすが、二度と触る事は無かった。 

うう、開始早々に活きアジ二匹を失うとは・・・

なんか釣れる気しなくなったと思ったが、それからが忙しいのだからイカ釣りって本当に解らん。
死にアジに変えてからアタリが頻発なんですね。

午後10時までやって小さい奴まで入れると10杯以上は釣った。 オールキープの筈だったが、流石に小さい奴はリリースしました。 一番大きいので二キロ級でしょう。

欲を言えばサイズも揃って欲しかったが、春イカもそろそろ最終盤って事なんですかねぇ・・・
ちょっと寂しい。

4日のイカ



6月6日 西海町

朝まずめをやる。
とうとうと言うかやっぱりアジは釣れなかった。

アジ釣れないと何だか面白さ半減する気がする。結果だけ言えばアジは活きていようが死んでいようが、釣果として差がないのだから、やっぱりアジの一本釣り自体も面白いのだろう。 サビキだったらやらんもんな。

キロ前後を一杯キープ。 
小さいアタリは沢山ありますよ。 本当に春イカ終わるのか?

6日のイカ

6月8日   網場湾牧島近辺。

翌日の餌を確保に以前からアジングに通っていた網場湾をウロウロする。
アジングで出ないのでオキアミでの一本釣りに切り替える。

しか~し、ナンも出ない。  アジって難しいなぁ・・・
なんて思っていると待望のアタリ。

なんだぁ、居るのかよ~!と上機嫌になるが、ナンかおかしい。 うう、アジじゃないよねコレ・・・
まさか今春はずっとフラれ続きのアノお魚では・・・

アジ用の細仕掛けだし、何よりアジ用に改造した4,2メートルのペナペナな竿なので、引き味は良い。
だが、タモは無いので獲るのは無理だと思う。

コクン、コクンと良く引いたチヌ君でしたが、そんなに長い時間ファイトは持たずギブアップ。
まぁ、針だけでも優しく離してやるかとズリ上げ可能な場所まで引っ張って行く。

アジ用の魚掴みを口に入れて捕獲成功。  よく獲れました。
手早く計ると44~5㎝と言った所で、まぁ、チヌって言って良い型なんだろうね。

ナンだか戦意消失で帰る事にする。
ああ、アジよ何処に・・・


8日チヌ




6月9日 西海町

もうアジ釣りはしないで、純粋にイカだけをやる。
しかし、朝のピカピカな時間はシ~ンとして過ぎる。 ナンも居らんですか?

ま、8時までやるもんねと思った7時前に最初のアタリ。 しかも二本出した竿に同時に来る。 この辺もイカの良く解らん所なのよね。 以前も或る港の内と外に投げ分けて釣りをした事があるのだけど、やっぱり同時に来るんだもんなぁ。 ハイ、今よ!となると、一斉に食うのだろうか?  そのシグナルってナンなんだろうか?

結局8時までに4杯上げたが、余りに小さいのでリリースを繰りかえす。
一杯だけ新鮮なイカを食いたい気になってキープ。 これ位が美味いっちゃ美味いんだけどね。

うう、やっぱり春イカ終わりかしら?という気になって、その後気になる場所を覗いて廻る。
やっぱり500g切る位の奴が何処に行っても居る。

しかしな・・・

こんなに見えイカ沢山いる春(初夏)って今まで有ったかしら?  やっぱり今年はイカのアタリ年である事には変わりはないと思います。

もう少し頑張って見るかな?




9日小さなイカ
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。