ココは只の水溜りなのか

釣りキチゆえに今まで釣具屋さんにお支払いした金額でラク~に家が建つ男が、チープに目覚めてご近所を釣りまくる!というお話

--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-05-31-Sat-15:30

【 ヤエン 】 西海町でイカ狙い(オールリリースのイカいじめ)

5月27日。 西海町

何だかイカが好調なので、物凄く人が多くなって来て場所選定に少々苦労する様になって来た。 人目から完全に隠れる磯場なら問題はないのだけど、チラっとでも見える場所でやると次からはもう其処には入れないのは学習済みなので、場所は空いていても人が多い時はわざと入らない事にしている。 だから、余計に釣る場所に困る感じになるのだけど、型に拘らないと考えを変えるとまたまた釣り場は無限に広がるのも面白い所だ。

オールリリースの予定なので楽しむだけの釣りをする。 誰でも入れるのだけど、人気がない漁港、堤防に的を絞る。
活きアジを確保して人がワヤワヤ沢山の人気釣り場を後にする。

さぁて、何処に行こうかなぁ・・・
どうせだから一度も行った事がない小場所に行く。 一応墨跡を探すが見事に皆無だ。 よしよし浅いワンドもあるし、藻場も少しある。  きっと釣れるって・・・

活きアジをセットした竿を二本出す。 30分何もなければ近くの候補地に移動する予定だ。
15分後に浅いワンド方向に泳いでいたアジの引きが重く変わった。 アタリだ。

ヤエンを入れて本日一発目のイカを慎重に取り込む。




オスだね


多分キロ切れている。
写真を撮ってリリース。

暫くすると何処から見ていたものか、おじさんが偵察に来る。
「あれ?さっき釣れなかった?」なんて聞いて来る。   何処で見ているんかいな・・・?
ええ、まぁ。とか適当に返事しているとアタリ。
ええ?そんなに早くヤエン入れたらダメだよ~!とおじさんが騒ぐ。  もう、煩いなぁ。 ええ、ダメでしょうねぇなんて言いながら掛ける。

さっき掛けたイカと同じ大きさ。

またオスだな。

さっさと写真を撮ってリリース。
早々に二杯上げたので、此処で辞め。 他にも良い魚釣れていないかノンビリ見て廻る。

木端グレを釣る人が多かったが、バリ狙いのおじさんも一人居ました。 どれどれと見せて貰うと40切れる位の良い型を上げていた。 そうだな、今年はバリ釣りも何処か良いタイミングでやるかと思う。 

費用は安く済むし、食べてはこの時期恐らくはタタキにして最高、最強の魚だ。




5月30日。  西海町


やはり人気がない釣り場を選ぶが、墨跡はチラホラ・・・
釣りを始めてスグにアタリがあるが、イカが小さいのでスグに離してお仕舞い。

退屈しない感じで頻繁にアタリはあるのだけど、今日は全然ダメで一回も掛けるまでに至らない。 こんな日もあるのよ。

この場所は小さいイカしか居ないのか・・・一回場所移動するか?なんて思っていると、ガツンと暴力的なアタリ。
もう少しで竿ごと海に持って行かれる所だった。 こりゃデカい!

いつもの様にスグにヤエンを入れてやりとり開始。  コレは獲りたいなぁ・・・
暫くすると姿が見えて来た。 ヤエンももう少しでイカまで到達する。  しかし、デカいイカだ。 あんなの居るんだね。

と、フッと軽くなる。 え、嘘でしょ? 活餌のアジを完食して去って行く。 ヤエン到達まで恐らくはもう数秒というタイミング。 デカいイカはデカくなる運というか理由があるんだね。

アタリから完食まで勿論3分は完全に切っている。 デカイカ獲るにはスピードと運が要るね。


その後粘ってやっと500位の奴を掛ける。
デカイ奴には逃げられたんだけど、お前は可愛い奴だね・・・

優しく海に帰って頂いた。


やっぱり雄だ。


噂では6キロが出たとか今年は非常に景気が良い。
春イカも終盤に来たが、恐らく今からデカい奴はまだ来る。 というか今から半月、運が良ければ一か月勝負になると思いますよ。

スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。