ココは只の水溜りなのか

釣りキチゆえに今まで釣具屋さんにお支払いした金額でラク~に家が建つ男が、チープに目覚めてご近所を釣りまくる!というお話

--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-05-21-Wed-13:33

【 ヤエン 】 西海町でイカ狙い(またまた24時間がんばった)

5月15日 西海町

仕事の関係で思う様に時間が取れないのがもどかしいのだけど、休日が絡むタイミングでもう寝ないもんね。という釣りパターンを確立しつつある今日この頃の僕なのだ。  もう当たり前の様に深夜に帰宅してガンガンに疲れた身体でそのまま海に行く。  もうダメと思えば車で寝る心算だ。

最近好調の釣り場に直行する。
深夜3時からの竿出しだが、4時ごろからポツポツ当たるんじゃないか? なんて思う。

ところが、ところが・・・
3時半に此処良いですか?と人が来る。 ええ、勿論どうぞと場所を分け合うが、此処から調子が狂う。 この人は東彼杵から来た人らしいが、最近餌木のお兄ちゃんから変な人が来るから注意した方が良いよと忠告を受けた当にその人でした。   ま、釣りにならんのよ。

こっちが先に来たのに場所移動するのも何だか嫌なのでそのまま釣りを続行したのだけど、結果から言えば釣り場は幾らでもあるのだから移動すれば良かった。 この辺が誰でもオープンな波止の妙って所ですな。

色々邪魔されて朝の良い時間は500g位のメスイカ一杯に終わった。 本当は朝だけやって帰る予定だったので、冷凍アジは10匹しか用意していないので、もう底をついている。
何処かに売っているでしょ?とウロウロするが、売ってないのね。アジ。

う~ん、困った。
仕方がないので、コレ大き過ぎないかなぁという感じのコノシロを9匹調達してから夕方まで寝る事にする。
昼間の酒って美味いなぁなんて呑気に飲んで就寝。

午後3時半に起きて釣り場探し。 ま、此処で良いか?という場所で4時に竿出し。
まだ時合じゃないもんなぁなんて思っていると、もう来てるじゃないか! 

ヤエンを入れようと思うが、デッカイ藻の塊がラインに付いている。 その先に目測1.5キロ程度のイカが浮いている。
こんなんじゃ絶対ヤエンは行かない。 藻外れて頂戴なと色々やる。 余計絡まる。
そうこうしていると、もう足元まで藻とイカが寄ってしまった。 う~ん、判断ミスだ。 ずっと沖でイカからコノシロを引っぺがして入れ直すのが正解だった。  この藻じゃ掛からないわなと思いながらも一応ヤエンを入れるが、勿論ダメ。 バイバイ、イカちゃん。

暫くして又イカが引っ張る。 さっきの奴なんだろうか・・・
今度は邪魔するモノはナニもない。 コノシロ用のヤエンを入れる。  結構沖なんだが、スルスル行ってスカッと掛かる。
そうそう、そんなに難しい釣りじゃないのよね。 ガツンと引くのを期待したのだが、ナンかおかしい。

タコ? いやいやイカに違いない。 ?????と50回位ナンだ?と思いながら寄せる。 ああ、やっぱりイカだ。
タモに入れようとしてあ、と思う。


モンゴですよ!

なんだ、モンゴさんでしたか・・・ 1.1キロでした。
モンゴさんはモンゴさんで一夜干しが美味いですので感謝です。

しかし、僕はヤエンでモンゴ釣った記憶ってないんですよね。 大きなタコは時々掛けるんですが・・・
モンゴの雄雌はどう見ますかね? コイツは家で捌いて雌だと分かる。


モンゴが掛かってから後はナンもない。 コノシロが大き過ぎる気がする。
竿先にセットしたケミの光もクッキリした8時過ぎに重く穂先を抑え込むアタリ。 ラインを手に取るとズンと来る。
期待して良いイカだ。

隣に出した竿にも来てるので焦る。 同時に来るんだもんなぁ・・・
時間勝負だ5分以内に掛けるぞ。  急いでヤエンを入れる。

なんだか凄く上手く行って、丁度良い距離でガツンと掛かる。 ギュイン、ギュインと良い引きを味わう。 そうそう、コレを待っていたのよ。
大急ぎかつ丁寧にタモ入れする。

二キロの雄

2キロジャストのイカ。 美しい。
デッカイコノシロは殆ど食われて居ない。  イカン、イカン、見惚れている暇は無い。 4分経過している。

後一本のラインを手に取る。 ? 何ですと? ナンの抵抗も無し。
ふ~ん、凄いなぁ。 あんな大きなコノシロを3~4分で完食するんですなぁ・・・


良くヤエン投入は3分待ってからとか、私は5分待ちますなんて教えて頂くのですが、どうも根拠が曖昧なので僕は信用して居ません。 だから最初からバンバンヤエン入れます。 入れますが、餌のサイズでヤエンを変えます。

今回の様に大きなコノシロで頭も落ちていない状況で掛かるヤエンは残念ながら市販されていないので、自作です。
市販品は大体アジの頭が落ちた状態で丁度掛かる位置から掛け針が配置されていますので、全然ダメって事もないでしょうが、確率は大きく落ちるでしょうね。(僕みたいな釣り方だと。)


ヤエンです。

参考までにヤエン並べて見ました。 一番下が市販品です。 良く出来たオールマイティーな奴ですが、やっぱり支点から針の距離が短いですね。  コレで丁度良い時も多いですが、ちょっとなぁ・・・という時もまた多いです。

ま、釣り方ですね。 自分に合ったスタイルを見つける事です。


この後、食い逃げした(多分大イカだろうね)を狙って粘るが、9時から後は?と思う変化も無し。
思う様に行ったり、行かなかったり・・・この辺がイカ釣りの楽しい所だ。

しかし、空気が良いと空の星が綺麗だと感心しながら納竿する。  また家に帰れば家内が怒っているのだろう。
少しヤクザな釣りなのかも知れない。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。