ココは只の水溜りなのか

釣りキチゆえに今まで釣具屋さんにお支払いした金額でラク~に家が建つ男が、チープに目覚めてご近所を釣りまくる!というお話

--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-07-13-Sat-12:11

【 ジグ 青物 】 千々石湾 小型回遊魚の季節

7月10日。 千々石湾  

先日の的が絞り難い釣りを反省してジグサビキ用のサビキを作る。 
サビキとは言ってもキロ越えの青物とかパクッと来ると不安なのでわざわざ自作する訳です。
兎に角頑丈に作ります。  これでもエソばかり来るとブツブツ切れますけどね。

サビキを作る

マテリアルはその辺に転がっているモノで充分です。ちょっと高級なお菓子の包装とか人間の女子が引っ掛かるモノなら、魚も引っ掛かります。


少し遅めに海に行きましたが、ベイトが少ない割にはフィシュイーターが多い感じでした。
まずはサビキが功を奏して10~25センチのカマスを釣る。

カマスだけ狙うなら専用のタックルでやれば充分遊べるレベルです

写真では写っていませんがエソやらヤズゴの下に沢山隠れています。

色々釣れた


時々ナブラが出ると打つスタイルでヤズゴとも遊んで貰う。 ジグに出やすいが、やはりサビキにも来る。
小さいからなぁ・・・

エソなんぞはサビキもジグも関係なしでガンガン一荷で来る。  刺身用に殺しを二匹だけ入れて後は犬とか焼干し用にキープ。





7月10日。  千々石湾

もう少し早起きして海に来ないといけないと思うが、深夜まで仕事して上手く起きる事が出来ないのが悔しい。
カマスがとても美味かったのでカマスを狙って釣る。

もうちょっとで良いから大きいと嬉しいなと思いながら釣る。 でも、味は良いんだ。


今回は貧果


この日はナブラを打っても反応がない。 何かが違うのだろう。
カマスもスレてエソもこれ以上釣っても加工が大変なので暑くなったタイミングで帰ろうと思う。

ナブラが出たので一応打つ。  ナンも出ない。

そういえば・・・と思う事あり、ナブラは沈んだがキャストしてカウントダウンなしで超高速で巻くとブシュ!と出た。  なんだ足らないのはスピードだったか。

気が付くのが遅過ぎでこの後ヤズゴが廻って来る事は無かった。



7月11日    千々石湾。


やはりカマスが最高なのでカマスに的を絞って釣りまくる。  釣れてくるカマスは段々と大きくなって来ている。


大漁じゃないですか。

昨日学習済みなので、ナブラ打ちは超高速でやる。  良い感じで出る。 ああ、夏だなぁと思う。

この日ヤズより数段反応が良かったのがアジ。 殆どが水面直下での早巻きでのヒット。


アジ大きいよね。

写真ではサビキに出ているが、多分サビキに出たのはこの一匹だけ。 後は全部40グラムのジグに出ている。
30センチ越えのアジがシュアから午前八時から後にポンポンでるんだから堪らない。

知った漁師が寄って来て「ふ~ん」と感心して帰って行った。

まだまだ今から釣りまくるぞ!思っているとトラブル発生。
30センチ程のヤズをヒットさせた瞬間、リールのハンドルが取れた。

え。どういう事?と見るとシャフトが折れていた。 使えないじゃん。 5月に買ったダイワの○○なのに・・・
せめて一年位持ってくれても良いんじゃないか?  超高速巻きって奴がダメなのか?
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。