ココは只の水溜りなのか

釣りキチゆえに今まで釣具屋さんにお支払いした金額でラク~に家が建つ男が、チープに目覚めてご近所を釣りまくる!というお話

--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-07-04-Thu-12:55

【 ジグ 青物 】 エギングタックルで小型回遊魚と遊んで貰う。

7月2日  千々石湾

イカが大変美味かったのでイカを釣りに行く。
海に行く途中でとっくに気が付いていたのだが、相当な強風が吹きつけて釣りどころじゃない。

南東の風なので北西に海を臨む場所を探す。
背後からの風を受けて堤防に立つ。  ダメだこりゃ・・・エギの着底なんか完全に解らん。
というか、風に押されて海に落ちそうだ。


しかし海に来たんだし、遊ばないで帰るのはダメ。

エギングロッドにチヌ釣り用の小さなポッパーをセットした。 
順風に乗せてキャストすると、飛ぶわ飛ぶわ。

早めのピッチで引くと、パシャ、ピチャ!と出る。


トップで遊んで呉れた奴等

それで釣った小物達。


写真は無いので済まないな。

ま、これだけで済んだのなら此処には書かなかったかも知れないのだが、この後がある。
ひとしきり小物と遊んでいると、地元の顔見知りが来る。 ま、情報収集ですな。

「いや、仕方ないので小物と遊んでいるんですよ」と言いながら、釣り方を見せる。
と、上手い具合にパシュ!と出る。

「あんな風にサバゴやカマスが出るんですよ」と教えると、「いや、今のは違うだろ?」と仰る。
そういえばやけに引くなぁ・・・

と思っていると、テールウォークのヘッドシェイクでシイラです。 25~30センチ位か・・・存分に遊んで抜き上げ時にポロリ。  食う所ないので良いのだけど、写真には撮りたかったなぁ・・・

その後暫くはシイラは追うのだけど、極浅い掛かりでバラシ連続。
地元の奴の話しだと沖にはチビシイラがワンサカ沸いているらしい。  今年はハガツオが来ないので、もしかしたらチビシイラの年かもよ?

なんて考えているとシイラは消えてしまった。

それでもサバゴが居るのなら青物の回遊があってもおかしくない! と思いながら粘る。


やっぱダメなのか?今日はこの辺で帰るか?なんて思っているとナンの前触れも無しにヤズゴの大群が来る。
お、お、ちゃんとトップに出て呉れよぉ~!と念じていると、バシュ!と出た。

30~40センチという所の奴で刺身にしてもスッパイのでどうすっかなぁ・・・なんて考えながらファイトを楽しむ。 エギングロッドで正解で最高に楽しい。

タモが有ったので掬えば良い物を、調子に乗って抜き上げるが、空中でフックオフして海にジャボンと帰る。

だから写真は無い。  でも、小型の回遊魚は廻り出したという事です。

ま、ナニが廻るのかイマイチ掴めないので、今サビキ作っている所です。
ジグサビキで動向を見ながら、ターゲットに合った楽しみ方を考えようという作戦です。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。