ココは只の水溜りなのか

釣りキチゆえに今まで釣具屋さんにお支払いした金額でラク~に家が建つ男が、チープに目覚めてご近所を釣りまくる!というお話

--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-09-25-Tue-07:06

【 未分類 】 千々石湾で ミズイカ

9月24日。

千々石湾 某マリーナ



別の場所を目指して移動していたのだが、波と風の具合を見ると時間経過と共に此処が有利と判断して、渋々入る。 最初からイカ狙いでボチボチ始めるが、全く何の変化も無し。

少し潮目が寄ったので、ジグを投げてみる。
エソさえも来ない状況で、今日はダメダメな雰囲気全開だ。

油断していた。
もう少しでピックアップというタイミングでガツン!と乗った。
そのまま、嘘みたいにドラグは鳴りっぱなし。 
イカン、早く締めて追い合わせをしないと! と、慌てているとバレた。 多分ネリゴの大きい奴だと思う。

なんだよ、居るのかよ。 泣きたくなる。

もう一度来いと投げまくるが、来るのはキンフグだけ・・・

美味しいから良いんですけどね。

その内風の具合がよろしくなくなって来た。
強風でPEが持って行かれる。 ジグの着底も解らない。

仕方ないのでイカに戻る。
4号をセットして投げれるだけ投げて、底を取れたのかもアバウトなので、全てカンでシャクる。

暫くシャクリ倒して、足元にイカが寄ったと仮定して、3号エギに落として足元に落とす。
強風だが、辛うじて着底が解る。

それ以上はラインを出さず、その場でひたすらシャクっては落とし、シャクっては落とし・・・
ラインが落ちない時はイカが乗っている。

狙いは的中なのだが、チビっ子オンリー。

小さいイカなんだ。

風は取れないなと判断して移動を決意する。



千々石湾 M漁港


此処は北風に飛び切り強い。
予想通りイカ狙いの人が多い。 僕もイカをやるが、先ほど出したサイズしか居ない。
周りも見て廻るが、チビちゃん揃いだ。

ジグに替えて、探って廻る。
沖の生簀に餌をやっているのが見えるので、生簀を目掛けてキャストする。

エソが良く追う。 大きなエソを二匹キープした。
ヒラメやコチも狙えるかな?と思うのでフォールの回数を増やすとロープ?に毎回取られる。

ははん。それでエソのストックがあるのか。

一回だけ短時間ボイルが出た。 サワラでしょうね。

どうもこれ以上望めないみたいなのでやめた。


帰ってスグにエソはツミレ汁にして食べたが、家内には天才シェフと大絶賛だった。

スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。