ココは只の水溜りなのか

釣りキチゆえに今まで釣具屋さんにお支払いした金額でラク~に家が建つ男が、チープに目覚めてご近所を釣りまくる!というお話

--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-09-10-Mon-16:06

【 エギング 】 橘湾地磯で 小さなネリゴとマイクロミズイカ

9月10日

橘湾地磯。
雨だけど磯に乗る。 馬鹿・・・馬鹿。
普通の雨じゃない。豪雨だろ?こりゃ。

馬鹿に釣られたのか、クロ釣りの親父も同じ磯の人となる。 しかし、釣れる感じがしない人だ。
あ~あ、撒餌に集魚材やらオキアミを最初からたんまり入れちゃって・・・と、見ていると、
「つけ餌はオキアミで良いですかねぇ?」と聞いて来た。
他に何を持って居ますか?と聞くが、オキアミだけだと言う。 じゃ、仕方ないじゃないか・・・

スーパーのレジ袋が見えたので、撒餌を一掴み拝借してアマメトラップを作ってやった。
多分、餌取りで釣りにならないから、この中にアマメが入ったら使うと良いですよと教えると、
「アマメってナンですか?」と来た。 ううん、フナムシ。 触れますよね?
頑張って見ますと言った親父は可愛かった。

さて僕の釣りの方だが、此方もサッパリだ。
どうもヤズのサービス期間は終了したみたいで、居ないったら居ない。
時々「コツン」と触るのはネリゴの小さい奴だと思う。

だったらジグのサイズを落とせば良いのかと言えばそうでもない。
マッチザベイトなんてよく言うけど、青物に関してはプラグもジグも大きい程良く追うと感じる。

30グラムを投げていたが、40グラムに上げる。
ベイトなんぞ一匹も見当たらないので、一番潮利きが悪いワンドの奥に行ってジグを投げる。

時間は良いのだが、状況が悪いんだけど潮は高いぞと言う時に使う手で、港ならこんな所?
という一番奥、ワンドでも奥を狙う。 
ヤル気がある魚が僅かなベイトを効率良く食うには良い場所だと思う。

狙い的中。4投目に乗った。 小さいけど嬉しい。 ネリゴはファイターだなぁ・・・
出血が激しいのでキープ。 ゴメンよ。

小さなネリゴです。


暫く頑張るがナンも追わなくなったので車に戻ってエギロッドに換えた。
エギは暫く悩んで3号を結ぶ。 小イカ獲る気満々じゃないですか?

エギで遊んでいると雨脚が一層酷くなった。暫く雨宿りする。
帰ろうかなぁ・・・

釣りの時は携帯とかカメラとかできるだけ持たない様にしているので、雨宿りは暇だ。
眠気でうつらうつらしかかると、止んだ。
風も止んでエギには最高の条件になった。

しかしながら、釣ってどーする?という子イカが三匹のみに終わった。
写真撮って帰そうかなと思ったので、適当な潮溜まりに入れて置いたが、いつの間にか二匹は逃走し、
逃げ遅れた奴は成仏していた。 
帰ってスグ刺身にして家内に食わせてやったが、
「うふっ、幸福の味!」 だったらしい。少量で満足できるならそれも良し。 成仏して呉れたかな?

成仏して呉れ、子イカ君!



釣果が優れないので、僕はオツマミに亀の手を磯から頂いた。
獲った亀の手は適当な潮溜まりにぶちまけて拾い直すと綺麗に洗われて家での手間が減る。
綺麗な海水をヒタヒタに汲んでそのまま家でナベに移せば味付けもこれでベストになる。
美味いんだわコレが。


亀の手はビールのオツマミだ。


スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。