ココは只の水溜りなのか

釣りキチゆえに今まで釣具屋さんにお支払いした金額でラク~に家が建つ男が、チープに目覚めてご近所を釣りまくる!というお話

--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-09-08-Sat-14:26

【 ジグ 青物 】 橘湾地磯でネリゴ

9月8日

先日と同じ橘湾の地磯へ。
やはりタチウオが気になるので5時には磯の人となる。 しかし、今日はスグに干潮の潮止まりになるので、勿論最初からあまり期待していない。

当然の様にノーヒットで夜明けを迎える。
真正面からの強風で大量のゴミが海面に見える。 ダメな感じがムンムン。

なんだか早々に諦めてしまうと、まぁ日課のエソでも釣って帰るからいいもん!くらいの気楽になる事ができた。
お気楽ついでに状況が悪いながらも何か変化がある場所を探す。

良く見ると滅茶苦茶浅い場所の水面がざわついてる感じがする。 もしかしたらベイトがいるのかも?
しかし、浅い。 トップに変えるか?  いやいや、ギリギリ届かないだろう。
メタルジグのまま投げる。
フリーフォールして良いのかな?という位の浅場だが、アシストだけなので一応底を取る心算でベールはフリーにするが、いきなりバチバチと勢い良くラインが出る。 なんだぁ、居るじゃない!

ガシッと合わせるとなかなかの引きで、ネリゴっぽい。
ああ、良い感じだ。 獲りたいな。 もう一度追い合わせをしとく。

暫くやりとりして頭をこちらに向けてランディングし易い場所まで移動中にフッと軽くなる。
クッ~ッ!悔しい。
仕方ない、次のキャストだとジグを回収に掛かるとまたグンと乗った。
付いて来ていた奴だが、明らかにサイズダウンした。

ゴリ巻きして抜き上げる。

フックを外してスグにキャスト。
ヒット、ばれる。 ヒット、ばれる・・・・
とうとうジグを色々変えても時々モゾっと触るくらいになってしまった。

ネリゴはヤズと違って大体同じ様なサイズで釣れるが、最初の奴はキロは行って無くても800くらいはあったかな?と思う。 

でも、まぁ、僕にはお手頃サイズが一匹でも釣れて良かった。 それくらい状況が悪い。
だって、エソも居ないもん。

最近僕はイルカやスナメリを良く発見するので、遙か沖まで注意しながらキャストしていると、4~5キロ沖で大きく跳ねた。 あれはバショウカジキさんじゃありませんか?
ちょっと早い気もするが、居ても良い時期かなと思う。

粘りに粘ってエソを出して安心する。
ノルマ三本だが、今日は一本で勘弁して呉れ。

ネリゴとエソ・・・厳しい。

妻と二人で丁度良い量の刺身になった。
僕は小さいネリゴをあまり美味いと思った事は無かったが、この前のネリゴも美味しかった。
ヤズもなかなか美味しいし、味覚が変わったんだか、魚が美味くなったんだか判らない。

でもまぁ、何でも美味く頂くのは良い事だ。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。