ココは只の水溜りなのか

釣りキチゆえに今まで釣具屋さんにお支払いした金額でラク~に家が建つ男が、チープに目覚めてご近所を釣りまくる!というお話

--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-06-27-Wed-13:47

【 未分類 】 ルアーの様に泳がないルアー

あんまり雨が降るので釣りに行かない。
最近昔作ったルアーを時々タックルボックスから取り出してまた使ってみたりしています。
その中で昔の僕も僕なりに色々考えていたんだなぁというルアーが出て来ました。

もう15年程前だろうか、流れがある場所で烏賊を釣っていての出来事。
その頃、通常よりエギをかなり重くチェーンして、流れに対してアップでキャストしてシャクった分だけ巻き取るという釣りにはまってました。 流れに負けないエギの重さが難しい所で、そのつど流れの強弱に合わせて錘を調整するという面倒な釣りでしたが、ツボにはまった時の爆発力があって、大きなミズイカが連発する釣り方でもありました。

自分より下流は釣らないで回収するのですが、その下流に入っての回収中に良くスズキがエギにヒットして来ました。 それも食いつくシーバスはどれも大きくて、勿論烏賊用の傘なんで相当上手くいなした心算でも大体ポロンと途中で外れる訳です。

それで烏賊が釣れない時はスズキで遊ぼうと思い、ミノーもちゃんと準備して行くと釣れない。
何回か追い掛けて来るのは見えるのに食わない。
諦めてエギに変えるとヒットする。
そうなんです そこのシーバス君はミノーが嫌いなんですね。

ははん、そうか!という事でミノーみたいに泳がないミノーを作ったのがコレです。

泳がないぞ!

当時あったんだか知らないけど今の「シンペン」に近いと思います。 シンペン使わないので本当の事は解らないのだけど、釣具屋で見るパッケージの説明書き見てると多分そうなんだろうと思っているだけなんですが・・・それと多分シンペンより飛ばないです。

上の7cmタイプで6~7g 下の9cmで11g 
風があると飛ばないです。

制作での思い出ですが、簡単にできるだろうと思って始めたのですが、泳がないルアーっていざ作ろうと思うと大変でした。 大概いい加減に作っても泳ぐんですね、ルアーって・・・ 

試行錯誤やってやっと完成させて一年くらいはコレで大変良い思いをしました。
それを見ていた近所のおじさんが売って呉れというので、売り物じゃないからとプレゼントしたのですが、思いの外釣りキチだった様で、僕より先に釣る様になったのであんまり使わなくなって、いつの間にか家にずっと置いてしまう様になった物です。

全然泳がないのを目標として作ったのですが、最近ハガツオで使っていて、ジャークを入れると真横にヒラを打つのを発見しました。 傷が入るのが馬鹿らしいので2匹釣って止めましたけど、それからはまたタックルボックスのレギュラー席に戻っています。

時々使ってみるかな?と思っていますし、もう少し飛ぶ様に改良するのもいいかなと思っています。

スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。