ココは只の水溜りなのか

釣りキチゆえに今まで釣具屋さんにお支払いした金額でラク~に家が建つ男が、チープに目覚めてご近所を釣りまくる!というお話

--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-03-26-Wed-12:17

【 チヌ フカセ 】 春チヌに振られるが大ボラを釣る

3月24日

やっと釣りに時間が取れる余裕ができたので、夜明けから磯に入る心積りだったのだが、日頃の疲れのせいか早起きできなかった。

それでも自宅から1時間半程掛ければ上等な地磯がたんまりある長崎だ。 ゆっくり自宅を出る。
途中釣り具屋に寄って撒き餌を買う。 オキアミは溶かして置いてあるので助かる。

何処で釣ろうかなぁ・・・

西海橋近辺をウロウロする。 潮が小さいので何処にでも入れる感じだが、やっぱ此処はシーバスで入るのが楽しいよねと思う。 止めた。

やはり食べて美味しい魚が良いと思い直して大島を目指す。
大島大橋を渡ってタオルを忘れた事に気付く。 コンビニに寄ってタオルを買う。
このコンビニのスグ裏でもデッカイチヌが釣れるんだけどな。  折角島に渡って一番汚い所で釣らんでもな・・・

知人の家の前に車を停めて磯歩きの準備をする。
あれれ?少し風が出て来た様な・・・仕方ないなぁ・・・

風裏になる島の北西部に変更する。
軽自動車でいっぱいいっぱいの道を行く。   此処は磯場と言っても車横付けのラクチン磯場だ。

一応背負子で釣り具を担いで4~50メートル歩く。 磯歩き終了。


片島見えるなぁ

片島を目の前にマズはあいさつに撒き餌を入れる。  実は僕が入る前に誰か入っていたと解る。 この近辺の人は磯を掃除して帰るという習慣がないのです。  撒き餌入れながら磯の掃除もする。

ゆっくり仕掛けを組んでいると風が廻って来た。 イカンな・・・ま、暫くは軽い仕掛けで持つ程度の風か・・・

期待を込めて第一投。  浅い場所だから、最初からバンバン撒き餌入れて、近くにチヌが居た場合は一投目から出る事は多い。

しかし、期待は裏切られてナンの反応もない。 
キチンと底まで探れているし、ナンか居れば釣れるだろうに、ベラもアラカブもフグも来ない。
風は段々強くなる。

三十分程やっているとカタクチイワシが大量に寄って来た。  青物居ないかな? ルアー持って来てないのにナブラを探す。 まぁ、イワシが落ち着いているのでそんな上等な奴は居ないか・・・

しかし、撒き餌に何か寄った感じがするので刺しエサを張って浮かせて見た。
狙い通りビュンと糸が走る。

なんだよグレかよ。

上がって来たのはまぁまぁのグレ。  僕にとっては足の裏あれば上等です。
でも、チヌ釣りに来たので、グレかぁと思う。  グレ釣っている時のチヌもおのれチヌめ!となるけど、そんな感じ。

グレ用に仕掛け変えようかなぁ・・・

この辺から風も本気で吹く様になって来た。 ウキが邪魔になって来たので沈める。
道糸は1.5号だし、浅場だしウキさえ沈めればナンとかなる。

僕は竿一本半より浅い釣り場でないとマズ入らないです。 理由はその位の浅場でないと刻々と変わる変化に付いて行けないからです。

それにしても此処で根魚が一匹も来ないのは案外釣り荒れしているのかも知れない。

何か大きな影が撒き餌の層を横切る。  ボラだろうな。
完全に撒き餌と同期させてから、ちょっと張りを強く取って刺しエサを浮かしてやる。

ウキが走った。
ボラが掛けてもっと楽しい魚なら、僕はボラ釣りをしても良いと思う。  これだけ良く引くのに楽しくない魚ってちょっと珍しいと思う。  そういえばルアーしてる時のエイも楽しくないですね。

楽しくないのだが、食味という点では嬉しい。 しかもボラもエイも大きい程旨くなる変わり物だという共通点がありますな。

まぁ、いやらしくネチネチファイトして呉れたボラ君もやっとこさ獲る。

狙ってボラ

旨そうだ。磯の上で一人ニヤニヤする。

これで50センチ位のチヌ一匹出ればもう帰って良いな。  勿論写真撮ってビッグママには海にお帰り頂くぞ。


その後良い潮が動き出したので、今だ!と気合を入れるが、最初の奴より少し大きいグレ。


まぁ、僕には大物


まぁ、全然嬉しくない事もないがチヌは何処だ?
しかし、丸々太ったグレだなぁ。

その後底を丹念に探るが何もない。
チヌは食い逃げする魚じゃないので居ないと判断。 撒き餌の量と風の具合で後3~40分で限界と判断して仕掛けをグレ用に替える。

ところがグレってば狙えば釣れない。  パン粉以外で釣るグレって難しいね。パン粉だとホイホイ釣れるけどな。

なんて思っているとガクンと乗る。 
もうこのころになると風はビュービュー、波はザバザバで何が来たんだかさっぱり解らんが、ナンか掛けても楽しくない魚っぽい。

ああ、やっぱり楽しくない!  しかし、デカイ!
ギュイ~ンと糸鳴りは止まない。
寄せては走り、寄せては走り・・・ ああ、キツイ。  でもでも、旨そう。

もう食い意地だけで釣る。
コレ獲って帰るんだもんね。  一週間で食えるか?

3~4キロのヤズ獲る方が楽だわと思っていると良いタイミングの大波。
波によいしょと乗せてやる。  上手い事乗った。

磯に残ったボラを走って蹴り上げる。

これ大物ですよ。

状況的にこれ以上は望めないので、此処で納竿。
磯を掃除していると人が来る。 

チヌ釣りに来たらしいが全然釣れなかったらしい。 色々ウロウロしたが、今日はどこも釣れていないらしい。

そうですね、僕も大島でチヌに振られたのは実にこの10年間で二度目です。 こんな日は珍しいですよ。と応対する。
でもね、と釣ったボラを見せる。

デッカイ!  何遍も手尺で測る。 ええ?クロも大きいじゃないですか?と言われて悪い気はしない。
いや、クロ(グレ)は僕には最大級ですよ。 不味いでしょうけどね。 と旨かったら儲けものだと思いながら話す。

ま、こんな感じでこの日はダメでした。  大島ではグレ狙いで入った浅場で一ヒロで流して居てもチヌはバンバン普通に出る位チヌの魚影は濃いです。  この日は運が悪かったと諦めました。


さて、肝心の魚のお味ですが、ボラはハズレ様がない旨さで幸せでした。
グレは普通に旨いと言えば旨いのかも? 皮目を焼いて薄造りしたり、カルパッチョにしたり、工夫はしました。
ま、今の時期はまだ変な臭みもないので旨い魚の部類でしょう。
スポンサーサイト
2014-03-25-Tue-13:08

【 シーバス 】 大村湾のシーバス君は良い奴だ

僕は大村市に住んでいるので、勿論目の前の海は大村湾です。
ま、色々ありまして釣りに行けない日々でしたが、1月30日の夕方に久々に目の前の海へ出向いた。
狙いはメバルです。

しかし、まぁ、メバルって釣れない魚になりましたね・・・もう10年位三桁釣りが出来ませんね。 居ないんですね。
以前は30匹位で釣りを終えると、今日はどうしたんだろ?という位の貧果に感じましたが、今は30匹釣るのが難しいです。

照明がある港周りを攻めるが全くの無反応で首を捻る。 ちっこいメバルも居ないのかしら?
仕方ないなぁ。ベイトだベイト・・・何処が良いだろうか?

水温がどうなんだか良く解らないのだが、真っ暗な流れ込みに移動する。
メバル駄目でもセイゴ君くらいは居るかも知れんし・・・

流れが影響する広範囲を攻めたいので、削って比重調整した飛ばしゴムボールをジグヘッドから
約50センチ上にセットする。

2~3投してから暗い海の音を聞く。
何か居ればなんか音がするもんだ。  微かだが、ピチャという音が聞こえた気がした。
ピチャはメバルでしょ?

あっちじゃないか?という方向に投げる。
トロトロと引くとグルンと出た。 底に小気味良く引くのでメバルだ。
連発を狙いたい所なので暴れに暴れて頂く。

久々のメバルです。


淡水が絡む所のメバルって色が白けた奴が多いですね。
可愛い奴です。 有難う。

リリースして連発を狙う。
楽しむ気分満々なのだが、連発はナシ。 あれだけ暴れさせて連発しないならもう此処にはメバルは居ないだろう。




見切りを付けて次の流れ込みに向かう。


次の流れ込みでは数投でバシャと海面変化がある。 セイゴちゃんですね。
シーバスと遊んで貰う事にする。

こういうおチビさんが遊んで呉れる

こういうサイズが遊んで呉れた。
リリースしても次に釣れるのは同じサイズなので、おんなじ魚を釣っているんじゃないか?という気分になって来る。
5匹目だったかな? 走って離れた場所にリリースして見た。

それからはピタッとアタリ無し・・・まさかね? 同じ魚?
毎回バシャバシャさらぴんな感じでファイトして呉れたので、そんな事はないと思うのだけど・・・






少し車で移動して次の流れ込みを狙う。
此処は小規模なので飛ばしボールを外す。


結果はスグに出て、

たまにチビメバルも来る


こういうおチビさんが数匹遊んで呉れる。
本当に数匹でスグにシ~ンとなる。

ああ、辞め時かなぁ・・・ なんて思いながらリーリングしていると、プン!と弾いた。

素針を引いたが、おりゃ?これはデカイぞ・・・と直感した。




仕掛けを直す。

じっくり食わせたいので、ジグヘッドを0.7グラムに落として浮力が高い斜め飛ばしウキをセットして攻める。
此処ですよ!と思う所でユラユラ落とす。

グッ! 乗った。

バシャバシャ暴れる。
馬鹿だなぁ、またまたタモ網車の中だわ。

ま、メバル仕様なので時間を掛けるが、まぁ、マルのスタミナってこんなもんよねって感じで寄って来た。

針が伸びるだろうなぁと思いながらそ~っとラインを手繰る。
いつ落ちてもおかしくない感じなのだが、完全ギブアップのシーバス君は一度も暴れる事なく何とか上がった。

またまたタモ網持って来てないし・・・


綺麗だなぁ・・・ 実際上げて見るとあんまり大きくないが、綺麗で健康そうな奴なので嬉しくなる。
本当に久しぶりの釣りなのでリハビリとしてはマズマズの釣りになった。

シーバスって優しい奴だなぁ・・・ 優しく海に帰って頂く。

あんまり綺麗な海とは言えないが、チヌとシーバスはウジャウジャ居る海です。
大村湾に限ってはアジゴのサビキ釣りより釣れますよ。

これを書いている三月下旬から五月上旬に掛けてはディのトップが断然面白いです。
スケルトンに異常に反応する事も多いから必帯ですよ。

チヌはまだですね。 4月中旬位から良いでしょう。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。