ココは只の水溜りなのか

釣りキチゆえに今まで釣具屋さんにお支払いした金額でラク~に家が建つ男が、チープに目覚めてご近所を釣りまくる!というお話

--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-10-14-Mon-13:16

【 ジグ 青物 】 タチウオは義理堅い奴だなぁ・・・千々石湾ウロウロ。

9月27日  千々石湾

少し時間が経ってしまったので思い出しながら書くのだけど、海に行きたいなぁ・・・ちょっと色々で釣りに行けない日々なのだ。  愛する海を想いながら書くのだ。 うう、悲しい。


この日は深夜まで仕事してそのままゼロ睡眠で海に出撃したのでした。
闇に蠢くのは案外好きなのよね、シーバスにハマりまくっていた頃を懐かしく思い出す。今はなんで夜にわざわざシーバス狙うんだかイマイチ判らないというか面白く感じないのだけど、寒くなったら小物とまた遊ぶんだろうなぁ・・・ ま、その時は家の近所の大村湾だろうけど。 
とりあえずマリーナの先の港の灯り近辺のアジングから入った。

ポンポンと15cmを二匹拾う。 昼頃に家に帰る心算なのでリリース。 クーラーあるけど車に戻るのが面倒臭くなってしまった。


まぁ、小さくてもお魚が遊んで呉れると嬉しい。と、お、何か大きな影が・・・ シーバスやんけ。  普通にパクッと食う。 おいおい、アジングのワームなんか食うなよ・・・
70チョイかな?  このタックルで揚がる訳ないなぁ・・・ タモは車だし。しかし、タモ届くか?

ラインは1.5号なので泣き泣き弱らせて浮かせる所までは来たが、抜けないわな。
思案しているといつの間にか後ろに婆さんが立っていてギョっとする。

そうなんだわ、この辺は真夜中に婆さん一人で釣りに来るのですよ。
「タチですか?」と覗き込んで来る。
スグにシーバスだと理解して、此処はスズキが沢山居ますからねぇと言う。  僕が要りますか?と聞くと、嫌、タチを釣りに来たからと去って行く。

うう、じわ~っと魚体を引き上げに掛かると暴れて上手い事ジグヘッドのフックが伸びて呉れた。 ドボンと帰る。 いやいや、口にフックが残っていないなら全然オッケーなのよ。 

良く観察してみると他にも大きな影が二つ程見えるのでシーバスが寄っているのでしょう。
僕もタチウオの方がイイので場所を移動する。



移動した先には先行者が居たので邪魔にならない感じの所に入って挨拶しながら、一応此処イイですか?なんて聞く。 どうぞ、どうぞと言って呉れた人のロッドにはワインドがぶら下がっている。
見ていると太刀魚を掛けた。 指二本あるなしのサイズ。 ある意味お上手。

僕も8フィートのシーバスロッドに持ち替えてミノーでやるがどうしても乗せる事が出来なかった。
触るのだけど、乗らない不思議な釣りだ。  フックをギンギンに研げば何処かに引っ掛かるのだろうけど。
やっぱりあのお兄ちゃんは上手いのだろうなと納得してイカ狙いに切り替える。


ところがイカも全然ダメで朝を迎える。 これなら目覚ましセットして車で寝とけばどんだけ楽だっただろうと反省する。

夜明けのゴールデンタイムもタチウオ一匹で撃沈。


やっぱりタチだぜ。


眠くて堪らなくなって来たが、ナンの為に海に来たの俺?と我慢する。
しか~し、ナンも釣れない。

サワラは少し居るのは解るのだが、それ以外は居ない。

しかし、黙々と馬鹿の様にキャストする。



コレって楽しいか?と自問すれば全然楽しくない。 やめるか・・・
やめる前に一応足元に一回落として置くか・・・ ソレにゴゴンと乗る。

嬉しいアコウ。

コイツはあんまり眠いんで家に帰ってから刺身はパスして煮付けで食べましたが、美味さでは間違いなし。

実は自分では魚嫌いなので猫の餌に釣るという地元の爺さんを一人知って居ますが、その人は竹竿というか竹の棒に8~10号の釣り糸で餌はその辺のニナとかイシダタミガイとかカニとかで堤防廻りや磯の穴という穴を探りまくってアコウ釣りまくるんですね。 余りの釣果の凄さに腰を抜かして、その一回分の釣果を売ればキャットフード一年分ありますよ!と言った事があるが、「いや、ウチの猫はアラカブかアコウしか食わんから・・・」というブラックなご返事頂いた事あります。

先日もあんなゴロタに誰だろうと見ているとその爺さんがアコウ釣りまくっていましたな。
という事で今年はアコウの魚影は濃いという事を言いたかった。

僕はコレ一匹だけですけどね。


アコウ嬉しい。


単純な僕はアコウで元気を取り戻し、その後2時間やる。
たぶん睡眠不足で脳内に変な物質が出てまともな判断が出来ない状態だったのだろうが、小さなキンフグを一匹掛けて、味噌汁作ろうと正気に戻って帰る事が出来ました。

しかし後、2~3匹釣れて呉れてもイイんだけどなぁ、キンフグ。

キンフグ嬉しい。


10月2日  千々石湾


夜明けのタイミングで海に行く。

スグにタチウオを三本上げる。

その後10時まで頑張るがノーフィッシュ。
ああ、エソは20本近く掛けましたけどね。

そんでやっぱりタチ。
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。