ココは只の水溜りなのか

釣りキチゆえに今まで釣具屋さんにお支払いした金額でラク~に家が建つ男が、チープに目覚めてご近所を釣りまくる!というお話

--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-09-18-Wed-11:32

【 ジグ 青物 】 釣る場所ないじゃん!ウロウロする釣り

9月12日  大村湾(家の近所)


毎日みたいにちゃんと海に出て居ますが、二日程千々石湾で完全ボーズを食らってヘロヘロになってしまった。
一番の理由は釣り人の多さ! 

長崎市近郊の海がパッとしない為か普段の五倍は人が居る状態で、釣りをしているといつの間にか廻りに人が沢山来て、あっちこっちからジグが飛んで来る状態。  こりゃ堪らんわと場所を移すが、やっぱりどこからともなく人が湧いて来る。

逃げて逃げてマニアック過ぎて此処なら絶対人に邪魔されないだろうという場所でやるが、釣れない。
翌日懲りずに偵察に出ると前日以上の釣り人に辟易して、マニアックポイントに直行するが、な、な、なんと、二人入っている!  コレは珍事だ。

暫し思案の末、イカ苛めする事にする。
少し足を伸ばして、N港に行くが此処も凄い人、人・・・ 此処でこんなに人を見たのは初めてなのだけど、誰も何も釣れていない感じだ。
だが、狙い通り浅場に面した短波止は誰も居ないのでエギングする。
150~300gの奴が八杯遊んで呉れた。

何か釣れるとやっぱり人が寄って、此処もエギが投げられない状態になったので止める。



翌日、それ位のイカなら何も車で遠くに行かないでも家の近所で釣れるやんか!とやるも、居ないんだなぁ・・・
好調なのはイイダコ君だけ。

ま、美味しいからイイです。



やっぱりイイダコ君




8月17日  千々石湾

早起きできない人になってしまった。
のんびり7時過ぎからの竿出し。  サビキ釣りの爺さんに良い型のアジが良く掛かっているが、マルアジっぽい。  ルアーは二人先行者がいるが、滅茶苦茶な混雑を見た後なので居ないに等しい。

久々にエソを掛けまくる。
ベイトは沖に出てゆったり泳いでいるので、たいした魚も居ないのだろう。
ポッパーに替えて投げまくる。  暫く投げるとシイラが寄って来た。  
まずは近くでジグ投げてた人にヒットする。40~50センチクラス。

僕にも同じ型が二匹来る。水面でバシュ!とやるのを見たいだけなのだが、シイラ触るのは嫌。 なんかシイラってベロベロしているよね? ダメージ残したくないので、プライヤーでフック返してサッサとリリース。
あ、しまった。今日は写真撮ろうと決めて来たのになぁ・・・


その後何も釣れず、その内サビキの爺さんと僕だけになった。
暫くポッパー投げて、ジグに替えるという事を延々くり返す。

何回目かのジグ交換後の一投目、底の方で乗る。 またデッカイエソですか?
ああ、違う。ダダダダ~と走り出したのでネリゴだと判る。

ヨッシャ、楽しもうと思うがアレ?根掛り?  底に張り付かれた。
根掛りは殆どない場所なのだが、貼り付けるモノってあるんだなぁと感心する。  動くまで辛抱だ。

二分もしないで戦闘再開もスグに張り付く。 珍しいなぁ・・・
ライン緩めてクーラーからジュースを出してゆっくり飲んでいると・・・ほら出た。

魚って張り付くのに案外体力使うみたいで、長い間張り付いた後ってすんなり寄りますね。 チヌでもグレでも共通ですね。ま、グレは根性で絶対出ない奴が多いですが・・・

張り付くくらいなので少しは大きいのかな?と思っていましたが、そうでもない。
でも、お刺身で美味しい魚でしたよ。

底に張り付いたネリゴ君



その後は時々サワラを釣る。
だが、小さいので困る。  ラインを緩めて自動リリースを繰り返す。
もう少ししたらもっと良いサワラが湧く時期なので、今釣らないでもね・・・と思うのだけど。

一匹だけどうしてもリリース出来なかった。
犬の餌にして呉れるわい。 丁寧に血抜きする。



サワラ釣っちゃった

さて、人間が食って美味い奴を・・・という事でイカを狙う。
実は先日数杯キープした奴は帰宅するまでに会った知人にやってしまったのだ。僕は少しサンタクロースちっくな所があって、結構良い魚が釣れても、帰るまでに人に会う事があるとプレゼントする事が多いのです。

だから折角釣りに行ったのに、晩酌の時に困ってスーパーで刺身買う事もあります。でも、流石にミズイカだけはスーパーで買えないです。スーパーで売っている奴は変わり果て度が強烈過ぎますね。 ミズイカはもっとキラキラと奇麗で普通だと僕的には思い込んでいる。 

ま、2~3杯釣れれば・・・というノリでやるが、これがさっぱり釣れない。
あ、そうか、月夜廻りは昼間調子悪いですよね? ちがう? 僕だけかなぁ・・・

漁師が竿先で当たる距離で籠を入れだしたのでヤメ。



とうとう餌釣りだけどね。


帰っても良いけど、ルアーやりながら大きなカワハギを確認していたので、カワハギ食いたさに磯で貝を捕る。
コンコン砕いて撒餌とツケエ取る。

根魚ロッドにカワハギ用胴付き仕掛けでやる。
しか~し、潮が引き過ぎてカワハギ君は何処かに消えてしまった。

ま、30分くらいやるか・・・

何遍か餌を盗られて、犯人はコイツ。


だが、嬉しい。 強塩で焼き上げるとコイツは美味いのよ。 ウロコまで美味いので塩して焼くだけ。

キュウセンだよ~!


暫くやると小さいカワハギ君が釣れだした。
大きいのは居ないが、これはこれで楽しい。

コイツ等は皆殺しの煮付けにしました。


カワハギ君
スポンサーサイト
2013-09-07-Sat-11:53

【 ジグ 青物 】 夜はタチウオで熱いらしい

9月6日  千々石湾

前日にタチウオを釣ったのでタチはもう良いと思ったので、少し遅めに海に行く。
ビックリするのは何処に行ってもタチ狙いの人でいっぱいだという事。  船も狭い範囲を右往左往している。
スゲ~なぁ、タチウオフィーバー。

こんなに明るい時間に釣れるんかい?と見て居ると、ボツボツと揚がっている。
その内船がサッと引いたので、フィーバータイムも終了したと判る。

人もボツボツ帰り出す。  数人顔見知りがいたのでどんな感じか聞くと平均で4~5本釣れていた。
暗い内はケミ装着でのワインドで、明るくなるとジグに切り替えるらしい。

今年は千々石湾一帯にワインドが定着した感じがありますね。 皆さんワインド、ワインド・・・消耗の釣りなので釣具屋さんの思うツボなんだろうなぁと思う。  まぁ、面白いから良いんだけどね。


僕はネリゴと遊んで貰う心算でのんびりとやる。
やっぱりスタートが遅いのが災いして釣れる感じがしない。  時々バシャバシャ水柱を上げているのはダツだ。
サゴシのミニマム級も騒いでいる。

フォールで二度PEをダツに切られる。  こりゃいかん。

ダツが居ない感じの所を狙う。 
ナンか掛かるが小さい・・・  エソ?  ところが時々ギュィ~ンと走るのは面白いじゃないか。 サバだろう。  やっぱりサバだった。

いつの間にか後ろに来ていた顔見知りが、サバですか?と覗き込む。  タチウオ帰りだろう。
同じサバ科なんだから釣って帰れば?と言えば暫くやるかなぁと言う。  暫く並んでやる。

太陽が照り付けて汗ダラダラになって来たので、此処で止め。
今日はとんでもない貧果だが、大急ぎで帰ってサバを調理するしかない。 新しいサバほど美味い魚は他には見当たらないですね。

サバしか釣れないよぉ~


帰りにフカセ組が居たので少し話しをする。 ダツしか釣れないそうだ。

しかし、イカもいっぱい見えているし、今日はたまたまナンだが、ベイトもまぁまぁなので遊ぶ気になれば色々出来る感じがします。
2013-09-05-Thu-14:01

【 ジグ 青物 】 季節が進んで楽しいシュアジギ

9月5日   千々石湾マリーナ

連日大荒れでなかなか釣りに出れなかったのだが、久しぶりになんとかなりそうなので海に行く。
予想より遙かに風が強いので場所に悩むが、マリーナが貸切だったので、強風でもなんとかなるコーナー部分に陣取る。

タチウオ狙いなので鉛をトントンして伸ばして、蓄光塗料塗った自作ジグでやる。
暗いし強風だしで、全く底取りが出来ないが、適当なカンでやる。

5:30分かなり底の方で乗る。 タチウオだ。
泣き泣き指三本か。

よしきた今がチャンスだと連荘を狙うが続かない。
5:35分 かなり表層で出る。

よしよし、今度こそ連荘だ!と思うがそれっきり・・・

6:30までやるが、後はエソ2匹。  超シブいのぅ~!


少し大きくなったかな?



場所を移動する。
強風の中お兄ちゃんが一人頑張っている波止に行く。 挨拶をして適当に離れて立つ。
シイラがまぁまぁ面白い位に成長している。

お兄ちゃんが立っている場所がベストで、退屈しない程度に良く掛かる。
邪魔してもなぁと思って居たが、あんまり釣れないので一言断りを入れてお兄ちゃんがヒットさせたシイラの後ろを通す。  バッシュン、バッシュン出る。  バンバン飛ぶ。

これならトップの方が断然オモロイわいとポッパーでやる。


丁度ギャラリーが来たタイミングでバシュン!と出た。
写真を撮ってリリース。

メスのシイラ


釣れていると途端に釣り人が多くなる。 みんなで和気あいあいと行きたい所だが、こっちが挨拶しても大体無言でスグ横に入る。 若いのになぁ、損だよなぁ・・・

ま、楽しくない事をしに来た訳じゃないので、退散する。
シイラを釣らせて呉れたお兄ちゃんにだけ挨拶をして帰る。 心が狭いがどうせ無視されるのにヘコヘコしてもなぁ・・・

僕には釣れなかったが、もうサゴシが釣れている。 30センチ位かな?
これからの季節は強風でどうもならない日も多いが、風だけ取れてウネリが残っていると楽しい事が多い。
その辺は運もあるのだけれど、現場に行かない事には運も使いようがないもんね。

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。