ココは只の水溜りなのか

釣りキチゆえに今まで釣具屋さんにお支払いした金額でラク~に家が建つ男が、チープに目覚めてご近所を釣りまくる!というお話

--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-08-30-Fri-21:55

【 ジグ 青物 】 タチウオ釣りたさにマリーナに行く

8月29日。  千々石湾某マリーナ


多忙と体調不良で暫く海はお休みしていたのだが、台風が来ると言う事でその前に様子を見に海へ行く。
タチウオが少し大きくなっていると勝手に判断して、朝のゴールデンタイムは絶対外さない様に家を出た。
ゼロ睡眠だぜキツイ。


台風前の空


道中結構な雨脚で釣りに行く様な物好きは居ないだろうと思って居たが、海に着いて見ると空はこんな感じ。



充分時間的余裕を取った心算だったが、現場に着いてタックルを組もうとしていると、タチウオなら丁度ゴールデンタイムじゃない?という明るさ。  急いでタックル組んで堤防に立って闇雲に第1投。  とりあえず底取りしてシャクる。 当たらない。  またフォール  シャクる。  ガツンと出た。  タチウオ。

時々スッ~と軽くなるのでバレた?と思うが、思い出したみたいなファイトで魚は付いている事が解る。
ドリャ~!とブリ揚げると指三本サイズでちゃんと成長していらっしゃる。

写真なんか撮らないで次のキャストする。
底は取らないでカウントダウン5位から引き始める。 スグにゴゴンと乗るがバレる。  またガツンと乗る。
バレる。   アシストオンリーだから悪いのかなぁ・・・

結局バラシ多数で獲ったのは三本のみ。 小さいけど面白かった。
もう少し確変タイムが続いても良いんだけどなぁ、なんて思っているとバシャバシャとボイル。

撃つとスグにヒット。  くぅ~、小さいのに走る、走る。  サバだ。
此処から10分程はサバタイムで、刺身に取れそうな三匹をキープ。 

その後暫く空白の時間が過ぎて次に出たのはアジ。

そうか、アジタイム突入なのかと若干底を意識したユッタリ目なアクションでフォール中に引っ手繰ったのはネリゴ。  やっぱ、ネリゴが一番引くなぁ・・・なんて感心しながら楽しんでいると、海中からワラワラとネリゴってこんな大群で居るの?というくらい湧いて追って来る。  結構デカいのも見える。


アレはタモを使わないとダメだなぁとタモを使い易い様にセットし直す。
だが、アタリはその後ナンも無し。

ダメだわこりゃと思った6時半ゴソッとエソが出た。  此処でマリーナを諦める。


色々釣ったなぁ


その後、色々撃って廻るがサーフでグチが出ただけでエソさえも出なかった。


帰ってから全部刺身にした。  タチウオ最高! サバはもう少し大きいと最高。 ネリゴまぁまぁ。

ベイトは見えないんですが、太刀魚、サバ、エソ、アジはカタクチイワシ。  ネリゴはアジゴ。
ま、参考にして下さい。

台風直前というのは大体釣果は良い傾向なのだけど、6時半頃までは雨の影響も有って釣り人は僕一人。  だけど、7時くらいからノンビリ来たルアー組には何もヒットしない厳しい状況でした。

台風が過ぎれば水温も下がって状況はもっと良くなるんじゃないですかね。
スポンサーサイト
2013-08-17-Sat-18:49

【 未分類 】 千々石湾はシイラの海みたいです。

釣れている筈だけど更新ないなぁと思っていた人ゴメンなさい。
あんまり釣果に変化が無かったので更新してもね・・・という感じだったんです。

今年は相変わらずベイトは少ないのですが、少ないながらもトビウオが主役みたいで、シイラ、ネリゴ共に表層でガンガン食って来る状態です。  (勿論ベイトが居る時限定ですよ)

まぁ、日並みによる差が激しいのも今年の傾向で、こりゃ幼稚園児でも釣れるわいなという日があれば、翌日にはウンもスンもない日がある。  この辺は実際現場に行った人の運でしょうか。

おおまかな傾向としては潮が良く動く事と潮位が高い方が有利かな?という事でしょうか。
ま、定石通りに潮目を打つと良い事あるかも。

それと皆さんやっぱりジグを使う頻度は高いでしょうが、バシャバシャとデッカイトッププラグ使っても遜色ないというか、まぁまぁ大きい奴が順に食ってくるみたいに感じます。



それと、マリーナではタチウオが順調に釣れています。

小さい太刀魚です。

こんなちっこい奴で残念ですが遊んで呉れます。
一遍、二匹だけキープして食べて見ましたが、味は流石タチウオで美味しい。 ただ、食う所がないだけ。


タチウオの時間が終わるとネリゴタイムになります。
皆さん人気がある場所に集中して投げている状態ですが、潮目とかベイトとか冷静に見れば意外な場所で数釣れます。  50cm位の奴もこの前だ~れも見向きもしない超浅場でポッパー使用で真昼間出ましたので、条件さえ合えば何処でも出る感じです。

その代わりヤズゴがピタリと居なくなりました。  もうちょっとしたらヤズと呼んでいい奴が戻って来ると思っているんですが・・・


それでも今はコイツが主役に間違いないですかね。

何となく大きくなって来たシイラです。


写真の奴は40センチちょい切れですが、80センチオーバーでメーター以内も結構周って来ます。
残念ながら僕は大きいのは変なバラシで全然捕れていないです。 今年の最大は60センチ位かな?猫に持って行かれたので、正確なサイズは知らんのだけど。

と、まぁこういう感じで暫く推移すると思います。

こんな感じでも良いのなら他の人にも釣って欲しいのでわざわざ書いているのですが、重ねて言いますが、自分の目を信じて釣った方が良いかと思います。  お盆を挟みましたので人が居ない場所を中心に遊んでいましたが、帰りに情報収集して見ますと、やっぱり独自の視点で動いた人に釣果が集中して、釣れない人は全然ダメみたいです。

なんか、シイラとネリゴはほんわか飽きたというか、もう最近はずっと犬の餌なので、来週は人が食って美味いタコとカワハギで遊ぶかな?なんて思っています。  
もうちょっとカンパチっぽいと熱がガ~っと上がるんですがねぇ・・・
2013-08-03-Sat-16:08

【 ジグ 青物 】 小物達と戯れる日々。 千々石湾の小型回遊魚

7月31日。  千々石湾

早起きして海辺に立つ事自体に喜びを感じる人間なのだが、今日は遅くに海に着く。
どうであれ午前9時からチンタラとルアーを投げるのは間が抜けている気がするが、こんな感じでノンビリした釣りも良い気がして来た。  でも、暑いね・・・日が昇ってからだと。

ベイトは確認できないのだけど、コツンコツンと最初から何か追う。  ネリゴの小さい奴だろう。
早く引いたり、ゆったり引いたり、落としたり、跳ね上げたり・・・

ゴソッと底の方で乗ったので大きなエソの心算でリーリングしていると、途中からまあまあのファイトに変って、少しマシなヤズだと判る。  やっぱ青物好きだな。  抜き上げてナイフで〆る。

ヤズはこの一匹だけだけだったが、その後、ネリゴ、アジと丁度面白い感じで掛かる。
ネリゴはみんなこんなこんな感じ。

釣って楽しいネリゴ

サイズは仕方ないのでエギングタックルに落とせば良いと思う。
コイツ等の〆の突っ込むファイトは最高に楽しい。

午後11時になった途端にペンペン(チビシイラ)が廻る。
この前からこのペンペンは掛けてもポロポロ落として居たが、今日は一匹も落とさない。

食う所ないがなぁと思うが丁寧に〆る。 キチンとすれば身は美味い魚なのだ。
三十分程ペンペンと遊ぶと流石に飽きてきたので釣りを止める。
ペンペンの悪い所はペンペンオンリーになる事だよなぁ・・・

色々釣ったなぁ。

終わって見れば色々釣った。  ジグ一本で五目釣りも楽しい。
日並が良ければ後2~3目は楽勝だと思う。



8月2日。



もう日の出が遅い。  冬が近いと思えばナンだか寂しくなる。 最高に暑いけど。
今日はカマスの心算で来たのだが、奇麗さっぱり消えていた。

何処をどう捜しても居ないので、完全に消えたという事なんだろう。 キチンと大きくなって秋には戻って欲しいけど、戻らない時もあるもんなぁ・・・

その代わりなんだか、何故だか知らないがアジが良く追う。
早朝からアジが追うのは珍しい。  いや、普通は早朝が良いと思うのだけど、此処では陽がカンカン照り出して汗がガンガン噴出す頃からボチボチ追うパターンが普通なので、こういう異変には頭を捻る。

カマス以外なら遊んで貰うだけで充分なので、リリース可能な奴はリリースして遊ぶ。
ダメージあるなと思う奴はキープ。  

ヤズが良いと思うが今日はピタリとヤズが居ない。
相変わらずネリゴは良く来る。  でもネリゴは先日充分遊んで貰ったので午前7時で止め。


後半月程度はこんな感じで小型の青物で遊ぶ事になると思う。
お、こりゃ良いぞ!というサイズはやっぱり八月後半から九月いっぱいまでだろうか。
へなちょこ釣り師の予想だから、そうあてにはならんけどね。



ネリゴと遊んだ。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。