ココは只の水溜りなのか

釣りキチゆえに今まで釣具屋さんにお支払いした金額でラク~に家が建つ男が、チープに目覚めてご近所を釣りまくる!というお話

--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-06-30-Sun-17:19

【 ウナギ 】 山ニョロで川ニョロ狙う

6月27日   家の近所の大村湾。


ジギング行きたいと思うのだけど雨だったり、飲み過ぎて寝坊だったりとあんまり上手く行かない。
仕事で家の近所をうろついていると、川の濁りが良い感じ(に見えたんだよなぁ)だったので、犬のウンコ取りスコップ持って山をウロウロする。  

狙いは山ミミズ(ドバミミズ)。

なんだけど・・・ 居ないんですね。 山ニョロ。
蚊に刺されながら山を徘徊するんだけどやっと捕れて2~3匹です。イノシシが悪いんだか、農薬が悪いんだか此処数年、山ニョロ生息のポイントがイマイチ掴めないです。

仕方が無いので、よく整備された公園狙いに切り替えます。  大村公園か森園公園だけど、釣り場に近い大村公園に行く。 枯葉を積んである下をゴソゴソすると、居るわ居るわで数分で必要分ゲットです。

人の出入りが多い公園では無茶な強い農薬なんて使わないから普通に居るんですかね?


ドバミミズだよ。


ミミズは確保出来たので、川というか河口に行く。
あれれ?濁りが思った程ない様な・・・  なんか望み薄い気がする。

思案した挙句最河口に行く。
チヌやらシーバスの活性がやたら高いのでこっちが良かったのかな?とも思うが、食えない魚モードじゃないんですね、今回は。

都市近郊の人には信じられないかも知れませんが、この川でルアーやっている人に出会った事はありませんでしたが、珍しい事にこの日は二人もいました。  二人共ルアーちっちゃいなぁ・・・

一人が70センチアップのシーバスを上げる。  なんでタモ持って来てないの?良く上がったなぁ・・・

まぁ、こっちはニョロに専念して竿を三本出す。 出そうと思えば10本でも出せるのだけど、三本以上はなんか下品に見えるんですね。  漁と釣りは違いますもんね。 漁が下品って訳じゃなくて、素人が漁っぽいのが下品かなと感じているだけです。


さて、この三本の竿なんだけど、餌を変えようが、投点を変えようが、さっぱりナンの反応もない。
眠くなって来た。  

スマホにメールが入っていたので、返事を書いて送信して竿を見ると一本力強くグリグリ曲がっています。
エイヤ~!と合わせを入れてグリグリ巻くが、物凄い重量感。  こりゃ、ニョロじゃない!

滅茶苦茶な期待感の中で上がって来たのは・・・


ミドリガメさんじゃ?・・・


亀?  ウミガメじゃないですね・・・ こりゃミドリガメが大きくなった奴じゃないですか?
河口の殆ど海と言って良い場所でミドリガメか・・・

針を外してやろうとするが、コイツはなかなか凶暴で噛もうとする。  噛まれると只では済まない雰囲気がムンムンなので、ハリスを口ギリギリでカットして放流した。  海に・・・良いのかなぁ? 海で釣れたんだから良いんだよね。


くそう、ルアーだったら亀なんか来ないのにと苦々しく思う。
苦々しく陽も落ちて、ナンのアタリもない。  居ないのかなぁ、ニョロ。

あんまり手持ち無沙汰なので、少し上流に移動する。
30分やってナンもないなら帰ろうと思っていると、今度は魚らしいアタリ。

充分に食い込ませて抜き上げると、ニョロとも魚とも言えない半ニョロが上がる。
ああ、食い込ませなかったら良かったのに・・・針が外れない。

コイツは噛む素振りを見せないので、家に持って帰ってフォーセップで外してやる事にしました。

ちっこいナマズです。


ナマズもなかなか美味い魚らしいのですが、イマイチ食べる気にはなれない可愛い奴です。
針を外して翌日に放流しました。

昔に比べるとウナギは激減しましたが、いまだに年間400だの500匹だの釣る猛者も結構居ます。  意外と釣れる場所とか時期がピンポイントなんですね。   下り(海に下る8月後半以降)になると極端に口を使わないので、時期的には今しかないんですがねぇ・・・・
スポンサーサイト
2013-06-27-Thu-18:31

【 シュアジギ 】 40グラムの鉛で釣れた魚達

少しお休みしていた間の事を書こうと思ったのだけど、ずっと書いて居なかった分を書くのって案外面倒なのと、行ってないとは言ってもごく普通のその辺の釣り好きなおじさんよりは遙かに釣行回数は多いので、細かい事は実は思い出せないのです。

今年の海は非常に不調でコレと言った釣果にも恵まれません。 まず、二月まで豊富だったベイトが薄いです。
漁師に聞くとイワシ全然ダメらしいです。 ですから青物も全く聞かない。

このままなら当然今年はダメなんですが、ダメなりに時々グレ釣り(フカセね)で魚の引きを思い出しながら遊んでいます。 パン粉でそこそこ大きいのが釣れるチープさが良いのと、普段身軽にジグばかり投げ倒しているので、道具立てが煩雑なのはどうも苦手になってしまったみたいです。 パン粉だけだと普段のフカセよりも数段身軽でよろしい。


千々石湾は去年アジが散々でしたが、今年はそこそこいる様で、一回の釣行で1~4匹程度掛かります。 大体岸から80~60メートル位で食って来ます。

20130416_063530.jpg

大きい奴で30センチちょっと越える程度なんですが、先週マメアジでおじ様達が湧いている波止でも沖にはちゃんと居ましたので、なんだかずっと釣れる気がしています。

先週釣ったアジ


今年びっくりしたのは、ジグでシロギスが釣れてしまった事です。
それも大きいという訳でもない全然普通のキスゴサイズなので頭を捻ります。 5月中盤から半月程ジグを追ったみたいで、複数の知り合いからも報告を受けましたので、時期とかやり方を絞れば狙う事も出来そうな感じでした。  それとも今年だけなのでしょうか。

キスだって釣れたもん


ここ数年マルスズキが若干薄いと感じていましたが、今年は多いです。  なんだか何処に行っても沢山居るみたいです。   これも五月でしたが、狙っても居ないのに毎回大きなスズキが足元までジグを追うので、足元でパニックダンスさせると横からパシャっと横取りした魚です。

デイでメバルも来る

冬場のメバリングは散々でしたが、今はコイツも多いです。
でもねぇ、こんなに大きなジグで晴天の昼間に釣ったのは初めてでした。



番外ですが、昼間にメバリングタックルでやるとサバゴ、マメアジ、小さなカマスがボチボチ釣れています。
でもまぁ、狙うほどじゃありません。

狙って釣れるのは、コイツと

チビカブ君


コイツ

なんて言うんだっけ?

運が良ければ30センチ程のアコウが釣れます。 僕には全然来ないけど。




2013-06-26-Wed-12:51

【 チヌ チニング 】 大村湾 トップでチヌ

家族の事情とか新しい仕事とか忙しい事が重なって更新する暇がない日々でした。 釣りに行く回数も少し減ったのですが、水辺に行かないと具合が悪くなる体質なので、暇を見つけてはせっせと通ってはいます。

色々と優先順位を付けて行くと、ブログなんていうのは最後に来るモンです。 ボチボチ落ち着いて来ましたので、負担にならない程度に更新するかなと思っています。





大村湾 トップでチヌを狙う。
6月21日


そういえば最近チヌを釣っていないなぁと、夕方からの仕事前に家から5分の海へ行く。
シーバスとチヌはまっ昼間が面白いですもんね。 

ネチネチと自作のペンシル投げまくるが、ナンの反応もない。  水の色、潮位ともに申し分ないんだけどなぁ・・・ 居ないって事ないよなぁと、やっぱり自作のポッパーに替える。 

このポッパーは一昨年に超適当に作ったのだけど、ナニが良いのだか脅威のヒット率を残すのです。 まぁ、自分で作ったのでそれはそれで良いのですが、このルアーばかりに頼るのはイヤになって来て、もう封印するか?なんて考えていましたが、それなのに現場に持って来てしまう意思の弱い僕です。 そりゃ、持って来たんなら使うわな。


控えめにポコポコやっていると波紋が見えて、アタックどころか逃げているのがチラッと見えた。 ありゃ、チヌだわ・・・こっちの気配を察知しているな?

そうそう、大村湾の基本を忘れていた。 チヌは遠投です。 その為にわざわざ自作したんだから。

場所を休ませる為に少し移動して、遠投する。 普段40~60グラムのジグばかり投げるので、ショートロッドで多分8グラム設定だったプラグを遠投するのが上手く行かない。 どう投げるんだったっけ?

それでも三回目ぐらいにキャストしたのが、おお、飛んだなぁと喜んでいると、ポコっと一発アクション入れただけで、シュポッ!と出た。

シーバスっぽく出たのでやや疑いながらやりとり開始だが、トルクが効いてグリグリ粘るこの感じはチヌ確定だ。
やっぱり、シーバスより面白いや。

遠い所で掛けたので足元に寄せた時にはもうチヌもヘロヘロです。
できるだけチヌにダメージを与えない様に、水で手を冷やしてから魚体に触る。 素早くフックを外して水の中で身体を真っ直ぐにしてやる。 泳げない。

時間にして3分くらいか・・・いきなりバシュ!と尾びれで水を叩いて帰って行った。

ポッパーに出たチヌ


もう少し良い写真があれば良いのだけど、コレを撮った直後にカメラを落水してしまった。 6月に入ってから買った新品だったのにショック。 一ヶ月も持たないでカメラをお釈迦にしたのは、最短記録達成でした。


その後、同じ魚なんじゃ?というくらい同じサイズの二匹と遊んで貰い、ダツが出だしたので止めた。

もう一個しか残っていないポッパーはボロボロ。 コレの設計図って無いんだよなぁ。
きちんと複製できるまで、やっぱり暫く封印するかなと今考えています。






HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。