ココは只の水溜りなのか

釣りキチゆえに今まで釣具屋さんにお支払いした金額でラク~に家が建つ男が、チープに目覚めてご近所を釣りまくる!というお話

--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-06-29-Fri-21:15

【 チョイ投げ 】 今年のキスはハズレの様だ。

案外ちょい投げが好きです。食べられる魚が来ますのでビールのツマミを調達するという感じで、思いっきりダラけた格好で行きます。 燃えている時はウェーダーは勿論の事でガッチリ身を固めて行きますけど、最近はあんまりやらないです。 4月位に大きいキスが出る年は気合入れますが、今年は全くダメだったのでダラけております。こういう年はずっと多分ダメだからです。

浜で餌を5分程掘ってから行きます。
チョイ投げと言っても竿とリールはチョイ投げ専用を使います。
大村湾って大体遠浅なんで、普通のジェット天秤なんかで投げた日には臆病なキスは着水音で散ってしまいます。
シンカーは中通しのナツメ型で1~4号を使います。 5号になると少し重いなぁ。

こういう軽い奴でコソッと投げると数、型共に伸びます。
が、今年はダメ。
ダメなときは何をしてもダメ。

まず、海底は海草でダメ。 砂地をさびく余地がない。 今の時期にコレなら今年はもう初冬までダメ。
台風来ないですよね・・・来たら変わるけど。

サビくのは諦めて少しでも海草が絡まない場所に留める釣りとなる。 ウナギ釣りみたい。 ならそのままウナギに行けば良かった気がする。雨後の曇りで満潮なら充分出ますもんね。

暫く仕掛けを放置すると道糸が走った。 でも大きくない。

15cmくらいのキス

大きくはないが、このサイズが揃えばツマミにはなる。 でも、海草がなぁ・・・
なんか自信ないのでリリースする。

その後アタリなし。
本命ポイント付近の爺さんが帰ったので、其処に移動する。

アタリは此方が頻繁に出る。 しかし小さい様だ。
キスは基本向こう合わせで充分なんだけど、正体を見たいのでアタリにキッチリ合わせて見る。
あ、掛かった。 やっぱり凄く小さい。

          ああ、ベイビーまたおいで・・・

リリースの判断は正解でした。
後は全部このサイズでどうしょうもないです。

金太郎飴みたいに同じ奴をひとしきり釣って、雨がパラパラし出したので撤収を決意。

途中二回程、ルアー向けっぽい奴が追いかけて来ましたが、正体は判らず。
エイでも居ないかなぁと捜すけどエイも居ないので帰りました。

あ、エイって凄く美味しいです。 港町の兄ちゃん達も大好きなので、掛けさえすれば漁師の兄ちゃんに捌いて貰って分け合えば良いので後が楽なんです。
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。