ココは只の水溜りなのか

釣りキチゆえに今まで釣具屋さんにお支払いした金額でラク~に家が建つ男が、チープに目覚めてご近所を釣りまくる!というお話

--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-06-26-Wed-12:51

【 チヌ チニング 】 大村湾 トップでチヌ

家族の事情とか新しい仕事とか忙しい事が重なって更新する暇がない日々でした。 釣りに行く回数も少し減ったのですが、水辺に行かないと具合が悪くなる体質なので、暇を見つけてはせっせと通ってはいます。

色々と優先順位を付けて行くと、ブログなんていうのは最後に来るモンです。 ボチボチ落ち着いて来ましたので、負担にならない程度に更新するかなと思っています。





大村湾 トップでチヌを狙う。
6月21日


そういえば最近チヌを釣っていないなぁと、夕方からの仕事前に家から5分の海へ行く。
シーバスとチヌはまっ昼間が面白いですもんね。 

ネチネチと自作のペンシル投げまくるが、ナンの反応もない。  水の色、潮位ともに申し分ないんだけどなぁ・・・ 居ないって事ないよなぁと、やっぱり自作のポッパーに替える。 

このポッパーは一昨年に超適当に作ったのだけど、ナニが良いのだか脅威のヒット率を残すのです。 まぁ、自分で作ったのでそれはそれで良いのですが、このルアーばかりに頼るのはイヤになって来て、もう封印するか?なんて考えていましたが、それなのに現場に持って来てしまう意思の弱い僕です。 そりゃ、持って来たんなら使うわな。


控えめにポコポコやっていると波紋が見えて、アタックどころか逃げているのがチラッと見えた。 ありゃ、チヌだわ・・・こっちの気配を察知しているな?

そうそう、大村湾の基本を忘れていた。 チヌは遠投です。 その為にわざわざ自作したんだから。

場所を休ませる為に少し移動して、遠投する。 普段40~60グラムのジグばかり投げるので、ショートロッドで多分8グラム設定だったプラグを遠投するのが上手く行かない。 どう投げるんだったっけ?

それでも三回目ぐらいにキャストしたのが、おお、飛んだなぁと喜んでいると、ポコっと一発アクション入れただけで、シュポッ!と出た。

シーバスっぽく出たのでやや疑いながらやりとり開始だが、トルクが効いてグリグリ粘るこの感じはチヌ確定だ。
やっぱり、シーバスより面白いや。

遠い所で掛けたので足元に寄せた時にはもうチヌもヘロヘロです。
できるだけチヌにダメージを与えない様に、水で手を冷やしてから魚体に触る。 素早くフックを外して水の中で身体を真っ直ぐにしてやる。 泳げない。

時間にして3分くらいか・・・いきなりバシュ!と尾びれで水を叩いて帰って行った。

ポッパーに出たチヌ


もう少し良い写真があれば良いのだけど、コレを撮った直後にカメラを落水してしまった。 6月に入ってから買った新品だったのにショック。 一ヶ月も持たないでカメラをお釈迦にしたのは、最短記録達成でした。


その後、同じ魚なんじゃ?というくらい同じサイズの二匹と遊んで貰い、ダツが出だしたので止めた。

もう一個しか残っていないポッパーはボロボロ。 コレの設計図って無いんだよなぁ。
きちんと複製できるまで、やっぱり暫く封印するかなと今考えています。






スポンサーサイト
2012-06-22-Fri-10:36

【 チヌ チニング 】 大村 チヌ トップでシュポ。

夜明けのタイミングを待ってめぼしい場所を打って廻った。
昨日の雨で水色は良いと思うがベイトが見当たらない。 ベイトを捜す。

やっぱ流れ込みかしら。

大村にはチヌが高確率で付く流れ込みが7ヶ所程ある。 その中でも4ヶ所程が有望だし実績がある。

一箇所目でチヌっぽい気配を感じたので気分も高揚してきた。 普段はチョロチョロの流れなのでアップもダウンも関係ない気がするが、此処は断然アップかクロスに出る。

雨後なので案外早いペースでも出る筈と探って廻るが出ない。 おかしい。
見えないんだけど、ベイトっけは有るし、チヌっぽい気配は依然としてある。

判らないので今度はダウンにキャストしてゆったりとジャークして長くポーズする。
うう・・・ ナンもないかやっぱり・・・

もう一度やる。

なんかペンシルの後ろ水面がモワモワしてる!  やっぱし居ったわ。
出ろ、出ろ、出ろ! ・・・出ない。 数が少ないんだろうな。


自作のポッパーにチェンジする。
やっぱりゆっくり一回水柱を上げてやると実にあっさりとジュボ!と出た。
何回か失敗して呉れよ~!と思いながらも、出て呉れたチヌに感謝。

大きくはないが大変よろしいファイターです。 時々コクンコクンとチヌ特有の引きが実に気持ち良い。

砂まみれでゴメンね。


砂まみれにしてゴメンよ。 一切チヌを触りたくないだけで他意はない。 人が触るより砂まみれがダメージが少ないと思う。  セイゴ針で作ったフックだけを注意深くラジペンで掴んでそっと外した。

個体数が少ない気がするので、チヌが自力で泳ぎ出すまで釣り場を休ませる。
暫く足元でユラユラしていたが、驚く程強い力で一発水しぶきを上げて濁り水に帰って行った。

バルサで作ったペンシルに変える。  バルサは若干飛距離が落ちるが動きが宜しい。
シュパン!と出る。  ?? ダツやんか。  フッと軽くなってペンシル持って行かれた。

おいおい、返して呉れよ~! 最後のバルサ製だったのに・・・制作にまた二週間食うやんか。 
遙か沖でペンシルだけ飛んだのが見えた。 どうやら外れたらしい。 でも回収は無理だよなぁ・・・

またポッパーに変える。 実はこのポッパーも最後の一個だ。
市販のポッパーは(ペンシルもだけど)飛ばないのでストレスが溜まるから投げない。

スケルトンだけは市販に勝てないのでスケルトンだけ買う。 ペンシルも同じ。

どうも今日は良条件な割りにはシブい日だろう。 スケルトンで飛ぶ奴があれば少々高くても買うがなぁ・・・
なんて思っていると、遙か遠くでジュボッ!と出た。

遠すぎて乗ったんだか一瞬判らなかったが、スグにギュンとPEラインが鳴いた。
おお、今度は大きい。

コクン、コクン、フッ・・・あれ?外れた。
おいおい勘弁して呉れよと思いながらルアーをチェックするとテールフック折られてました。

テールフック折られた・・・


僕は寒チヌ釣りが好きで秋から二月いっぱいまでフカセをやるので、案外大きなチヌをその辺の小僧や爺よりは釣っていると思うのだけど、フカセで釣るチヌにフックを折られた事はただの一度もない。

なのにルアーで釣るチヌはフックを良く破壊するのが何故なのか実は良く判らない。
トレブルはグニャグニャにするので自作しているが、動きも良いし掛かりも良いのでこっちが良いと思うのだけどそれでもたまに簡単に折って行く。 ルアーに関してはフックはまだまだ考えが足りていないという事か。

大きいのが暴れたので散ってしまったのか、それからは水面が割れる事は無かった。
他も廻りたかったが、時間が足りなくなってストップとした。
2012-06-19-Tue-11:30

【 チヌ チニング 】 大村 チヌ トップ

台風4号が来るらしいが僕は朝までパソコンで仕事をしました。
もうスグ夜明けというタイミングで外を見ると雨が上がっていたので、今から2時間寝るくらいなら2時間釣りだなと変な考えを起こしてC川へ急いだ。

ルアーは自作のトップオンリーで行く。 飛距離重視で作ったのでピュ~ンと飛ぶので左岸もかなりの範囲探れます。(右岸に入ったのね)

大雨と低気圧の影響で潮位は普段のソコリより高いが、ほぼソコリ前で入れた様だ。この場所では一番攻め易いタイミングと言えます。

まだ暗さが残る内に二匹のフッコを上げる(45~60cm位)と後が続かなくなった。
とても条件が良いのにどうした事だろうと悪い目で良く良く観察すると左岸ベッタリにチヌが沢山付いているのが判った。そう、シーバスなんかどうでも良い。今はチヌの重々しいファイトを楽しみたい。

車に乗って左岸に移動する。 こっちは笹やら葦やら茂ってレインギアなりウェーダーなり無いと勝負にならないが、スパイクブーツしか持って来てないので仕方なくブーツのみで歩く。
たちまち全身ビショ濡れだが釣れる気満々なので気にならない。

散らしてはかなわんのでコソ~っと近づく。
チヌの背ビレは沢山見えるがどうも全部がヤル気がある訳では無さそう・・・

やっぱりベイトを追う奴はそれなりの所に着くもので、出るんなら三箇所だなと一番近いポイントから攻める。

あれ、出ないなぁと思った頃モワッとバイト。 
慌てずもう一度同じテンポでチョンと動かすとまたバイト。
乗らない。これがチヌの楽しい所。 それではとワンテンポ長いポーズでシュポッと乗った。

お~、楽しい!と充分に引いたチヌは若干小さめで40cm行ってないかな?

郡川のチヌ


釣り場を休ませながら後二枚追加しましたが、サイズアップは無し。
雨がザーザーになったのでカメラも濡らすのが嫌なのでチャッチャと帰って頂いた。

ソコリを過ぎて上げが動き出すとベイトも上がってこのポイントも終わり。
終わりの合図のダツが追い掛けて来たので此処でストップ。

チヌは可愛い魚だなぁ・・・ 
釣れるからってあんまり連日苛めるのもナンなんで一回ウナギ釣りを挟もうかしら。

ちなみにウナギはバイブとミノーで一度づつ出した事あります。
バイブは戸石の幼稚園横の川の流れ込み。(この日は変わっていてモンゴイカも同じバイブに乗った)
ミノーは和歌山県有田川で川バス狙っていて。

だからと言って勿論ルアーでなんか狙いませんよ。 6インチくらいの山ミミズ堀りに行こうっと。





2012-06-14-Thu-19:21

【 チヌ チニング 】 チヌは何処だ?ダツは沢山いるが・・・

大村湾も大村近辺になると太陽がジリジリと照りつける頃になるとチヌがトップで狙えます。
しかし、僕はこのチヌの動きがどうも読めないです。

諫早のアノ川なんか見ているとガキんちょがホイホイとチヌを上げるが、どうもあの傷だらけのチヌが汚水から上がる画を僕は受け入れられない。  いや、皆さん楽しければ良いんですよ。 僕は楽しくないだけの話。

空港の橋の上からバイブやワームでやる人もいるが、警察やら通行人やら車やら気にしながら釣る気が判らん。
要するにフェアな場所で楽しく釣りたい訳。

三月中旬からディのシーバスが大村市内で沢山釣れたが、何故か郡川では全く釣れなかった。何回か攻めたがチヌが一匹釣れただけ。 その辺がチヌの益々判らない所。 三月に釣れて何故今釣れないか?

午前五時頃から諫早からテンボスまでのめぼしい場所を打って廻ったが、終にトッププラグの後方水面がモワ~っと盛り上がる事はなかった。  

ふう~、疲れた・・・


太陽が高くなって、暑いなこりゃ~となってからはダツ祭りになって来たのでやめた。 ダツが嫌いって訳じゃなく、自作プラグの塗装が剥げるのが嫌だからなんだが、この前郡川左岸の海岸で会った若いお兄ちゃんはダツを釣った事がないので是非釣りたいと言っていたのを思い出した。

「はは、何か掛かっていれば俺も機嫌良いよ~!」

と応えたが、聞けばお兄ちゃんは東京から出張という事で、長崎は大変恵まれていると羨ましがっていた。

そう、僕もこの大村湾に恵まれていると感謝している。 だからダツにも感謝しているのだけど・・・



長崎には汚水を流す排水路はあるが川は無いので鮎釣りは辞めてしまったが、海で釣るのもライセンス制になれば良いのにと思う。 お金を取る事で釣り人は当然の権利を主張できると思うし、ゴミを捨てる馬鹿も減ると思う。

郡川を昔の本当の川に戻したい。 流れの途中が枯れ川なんて本当に悔しい。
原住民の無知を良い事にやりたい放題で一部の人のお金に変えてしまった分を取り戻したいものだと思う。


しまった話しが横道にそれた。


仕事の時間が迫ったので釣り場から戻る途中に投げ釣りのおじさんの様子を覗くと小さなキスとインゴチとイイダコが釣れていました。  ん? イイダコ良いな。

明日の早朝はイイダコどうでしょうか? 明日は忙しいし、早起き2時間の釣りにはピッタリですな。
予報は雨ですけど、ザーザーじゃなきゃ行くに決まってるんだから。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。