ココは只の水溜りなのか

釣りキチゆえに今まで釣具屋さんにお支払いした金額でラク~に家が建つ男が、チープに目覚めてご近所を釣りまくる!というお話

--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-11-28-Fri-17:33

【 シュアジギ 】 長崎市近郊の香焼、伊王島でジギング

11月28日 長崎市近郊

長崎市内に用件が有ったので、ついでにたまたま仕事で川崎市から来ていた青年君と香焼の海でエギングのレクを入れて、それが終わってから僕の若い彼女と密談という予定を立てる。 本当は昼間の内に飯でも食いながら密談してから、ケツをフリーにして青年君と心行くまで・・・と思って居たが、逆になっちまって時間が限られた釣行となってしまった。

こんな僕が偉そうにエギングのレクチャーかよ!と思うだろうが、いまだに一杯も揚げた事がない人から比べると、「マスター」と言って良いだろう。 関東の釣り事情は知らんが、江戸前でミズイカとは訊かんもんなぁ。

初めて会った彼はちょっとシャイ系な青年なので、彼についてはあんまり書かないで置こうかね。

さて、教えると言っても実は長崎市内の釣り場については殆ど知らないので、超テキトーにグーグルマップで調べて近場の港に行く。

車は何処に停めれば良いんだい? 仕方ないので、邪魔になりそうもない場所にキーを付けて駐車する。
墨跡がありそうな場所を探すとあっさり見つかった。    ミズイカっぽいと思うぞ。

青年君に教えながらイカが追わないか観察する。  なんかメチャ渋いんですけどぉ~! ナンも居ないですけどぉ~!
青年君は普段シーバスで鍛えているらしく、最初からまぁまぁ様になっている。

OKだよ、イカさえ居ればそれで乗る筈。
それより・・・まぁさぁ、君もあんまり長崎滞在も長くないだろうから、今の時間に釣れそうな魚を狙いに行こう!と誘うと乗って来た。 そう来なくちゃ!

と、いう事で伊王島へ。
此処なら過去に青物で数回通っているし、場所も大体覚えている。

マズはベイト、ベイトと探し廻る。 ちと歩くが海水浴場先端の磯まで行く。
ナンも居らんのぉ~という事で、青年君はエギングロッドしかないので、ジグヘッドで根魚狙い。
僕は男らしくジグで沖を攻める。

暫く攻めていると沖に何かベイトが入った。 片口イワシっぽい。
カモメが舞い出す。 チャ~ンス!

だけどね、青物は居ないみたい・・・
でも、活性が上がった此奴らがガブッと来た。

2014-11-27 13.09.25-1


「それ、なんすか?」と青年君。

おお、そうだろうなぁ、見たことないかもなぁ。
オオモンハタだと教えると、こんな綺麗な魚は見た事がないと言う。 
そうか・・・じゃ、もっと綺麗なアコウを見せて上げたいなぁ。

その後、青年君は見事同じ型のオオモンハタを二匹揚げて感動して居た。
ところが出張中の身の悲しさで、此処でお呼び出し。 トホホで、またの再会を約束して別れる。

僕も彼を車まで送るついでに場所移動する。
まぁ、何は無くともベイトですよ。

なんかちょっと来ない内に釣り禁止だの駐車禁止だの物凄いわ・・・
ちゃんとした駐車場に停めてから馬鹿みたいに歩く事にする。 

フェリー乗り場は釣り客の車はダメよ~、ダメ、ダメ!って書いてあったもんなぁ。  あれで堂々と停める釣りの人ってヤクザだわと思う。 

色々とベイトを探しながら、兎に角撃つ。
撃っては歩き、撃っては歩き・・・




とうとうフェリー乗り場のヤクザ共がたむろするこの辺では本命?の波止に着く。
ヤクザは怖いので、ペコペコしながら隙間を撃つ。

足場は最高に良いなぁ。 実はいつ見ても人が一杯なので、此処に実際に乗るは初めてなのだ。 しかし、撒き餌の跡が凄い。 こりゃ、この馬鹿ヤクザ共と同じ場所にいると気分的にはやれんなぁ。

しかしなぁ・・・ベイト居ないじゃん。 此処釣れるの?
ぐるりと廻りを見まわすが、誰も何も釣ってないじゃん。  ダメな所では何やってもダメじゃん。

よ~し、此処まで歩き倒して一番ベイトっ気を感じた所まで戻る事にする。 夕方のベストタイムは近いぞ。 急げ、急げ!

歩きに歩いてベイトの濃い箇所まで戻るとヨレヨレの爺様がアジ釣りの準備をして居た。
僕がジギングしようと戻ったドンピシャの場所。

ふ~ん、イイアジ出ます?と聞けば日並によるが、40センチ超える奴も出るらしい。 
そりゃ良いなぁ。
逆に爺様から、この仕掛けで良いのか質問される。  うん、イイですよ。 問題ないです。

爺様が言うには自分は下手糞なので、そんなに大きなアジは今まで上げてないとの事。
仕掛けも何だか自信ないんだよね・・・と言う。

まだ明るいからですね、暗くなってから勝負ですよ!と励ましてから、近くの潮通しが良い場所に入る。

夕方が最干潮なので、根掛かりが激しい。  
なに、授業料さ!と5回程連続してリーダーを組み直す。

5回も失敗すればこれでギリギリというラインを掴む。  よしよし、ギリギリだ!良いぞ!と思うと同時に、 ガツン!と出た。

2014-11-27 16.25.08

嬉しい綺麗なアコウ君。
丁度老人達が通りかかって、3日まえに俺はそいつの1・6キロを揚げたと言う。
ふ~ん、居るかもなぁ・・・

でも、シュアからだと大体32~3センチが最大で普通の魚なのよ。 兎に角僕はコイツで喜ぶ事にする。

千々石湾であげるアコウには付いてないが、長崎側で揚げるアコウには何故か寄生虫が付いて居ます。

2014-11-27 16.25.08d

気持ち悪い事はない奴だけど、しっかりガッチリ皮膚に食い込んでいる。 同じ様に見える海だけど、中身は全然違うんでしょうね。 海って不思議だなぁ。


このアコウに気を良くして、ギリギリジギングをして再びアコウを狙う。
あれ?ギリギリの筈なのに根掛かりしちゃった!

もう!と、ハズしに掛かるとあれ?生命反応? ズゴゴゴゴゴン!と引く。
こりゃ、デカイアコウだわ!

あの爺が言ってた1・6キロっていうのもまんざら嘘って訳でもないなぁと思う。
後20メートルかな?という辺りで、痛恨のミス。 根に取られる。

仕方がないので、ラインを少し緩めて出るのを待つ。
しかし、そもそもが根魚なのだ。 待って出るモノなの? 段々と暗くなる。

以前チヌ釣りで最長で45分待った事があるのを思い出した。 根魚だもんなぁ。 チヌより根性あるだろうなぁ。
今、ラインをブレイクしたとして、リーダー組み直してからジグ投げる時間は数分だろう。

根から出るか出ないか解らん魚を泣く泣くスルーする。 大きいがなぁ・・・

大急ぎでリーダー組んで撃つ。  ああ、もう青物には暗過ぎか・・・ ダメか・・・
やっぱダメだわな・・・  

グスッ! 

ありゃ?乗ったわいな。 アコウ?   違うなぁ。
ああ、タチウオか!  居るんだろうなぁ。

うう?なんか違うんでないかい?

ぐふっ~、サワラさんでないか。

2014-11-27 18.12.29

まぁ、ナンも来ないよりはマシだ。

もうすっかり真っ暗なので、此処でヤメ。
さっきのアジ狙いの爺様に挨拶して帰る。 

「あれ?サワラってまだ居たの?」 なんて聞かれる。

「ナブラもナンも無かったんで、少ないんでしょうね」

と答えるが、タチウオもサワラも綺麗さっぱり消えてからだいぶ経つらしい。 


長崎市内に月に二回程来ないといけない用件が出来たので、暫くこっちの海にもお相手して貰う事になる。
高速を使えば馬鹿みたいに近い海だけど、下の道では遠いなぁ。 

ケチだから高速は使えないなぁ、なんて悩む海ではある。




39位です。 有難うございます。

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2014-11-21-Fri-12:15

【 シュアジギ 】 千々石サーフから小浜までウロウロする。

11月20日 千々石サーフからスタート。

わ~い、休みだ休みだ! 夜明けから釣り三昧するぞ~!
と、前日から意気込んだものの、人間界の普通のおじさんにはやらないといけない雑多が多いんですな。 あれやこれやして、ああん?という数件の電話もこなし、やっと家を出たのは昼前というお粗末さ・・・トホホ。

この時間からサーフはないでしょ?と思うが、なんかねぇ、サーフ良いんだよなぁ。
目線と海のサーフェイスが近いでしょ。 こう、力一杯「ヤァ~!」ってキャストすると、俺は海に来たんだなぁ~!って気分になる訳。

イヤ、そりゃまぁ、港に行っても磯場に行っても海に来たんだとは思うのだけど、なんちゅうかなぁ、そう、開放感ね。
溜まらんのよね。 サーフ良いの。

僕には千々石サーフが有って良かったとホント思う。 岬の断崖の上で「ジャガちゃん」を売っているナンじゃらセンターのおじさんのマイクの声は邪魔だが、波の音ってイイよなぁ・・・癒されるなぁ。

しかしだな、最近本当に此処は釣れないなぁ。
2,3回投げては移動を繰り返すが、生命反応はゼロ。

最近ではこんな青物釣れましたよ~!的な記事は誰も僕には期待して居ないのは解っちゃいるのだけれど、それにしても酷くないかい? せめて50投に一回位は何かの生命反応が有っても良いんじゃないかい?

ああ、とうとうお昼の音楽が浜に響き渡る。
浜にへたり込んでリーダーを組み直す。  と、いきなり大規模なナブラが出来る。

ほう、サワラさんだ。 随分大きいなぁ。 うひょ~、ベイトも大きい。15~20センチのナンじゃろか?ナンか空中に舞っているのが見える。 

リーダーを組み終えてシンペンを投げる。 うう、少し届かない。
仕方ないのでダイソージグでナブラ撃ちする。  

??・・・ 何回通してもヒットしない。 というか、アシストオンリーでやってはいるが、スレで引っかかってもナンの不思議もない感じなのに、コツンもモソッもナンも無い。  どういう事?

あ~あ、こりゃダメだ。 サワラが青物かと言われれば困るが、これで釣れて呉れれば青物だと認定してやろうと思っていたのに、親の心子知らずで、ほんと、サワラって恩知らずな奴だ。 

もう、お前ら、産んだ覚えも育てた覚えもないからな!

と、一人浜で地団太踏むが、当のサワラとて僕から産まれた覚えもナンもない筈だ。 だって産んでないもんなぁ。





しかし、本当にスレでも引っ掛からんの?なんて、もはやルアーフィッシングとはかなりかけ離れたハートで、ネチネチ投げると、「グスッ!」と乗った。

うふん、掛かればナンでも良いのよ~! あ、バレた! いや、ナンか付いてる? 
あのデカイサワラさんじゃないよな・・・ ナンじゃろか?






2014-11-20 12.19.24-3

ふ~、ニョロニョロさんでした。


ああ、イイよ、イイよ、君達の骨は気持ち悪い青だったね。 そういう意味で青物に認定してやろうじゃないか! 

だから、安心して海に帰りたまえ。

という事で、僕的青物にダツも仲間入りする事になりました。


ええ、まぁ、そりゃ、ブログ更新していない間はダツとずっと遊んでました。 なんだ、ダツも青物なんだから、堂々と更新しとけば良かったんだ!


しかし、


こういう佐村河内ダツ夫君やら、

2014-11-14 15.13.52


小保方ダツ子さんやら、

2014-11-14 16.42.55

暴れるダツやら写真載せて・・・

2014-11-14 17.07.33-2


誰が見る?




トボトボと浜を後にする。

イイんだもん。 今日はこれからウロウロするんだもん。



という事で、サーフを諦めて穴場やら有名所を撃って廻ったが、さっぱりの不発。





いや、まぁ、 こんな綺麗なハマエソ君や・・・

2014-11-17 14.55.22






何故かヒットエンド即死のワニエソ君など、

2014-11-20 14.53.03

青物から離れた練り物はボチボチ掛けました。


仕方ないので夕マズメに全てを賭ける事にします。
全く勝算ないけどね。 ほれ、幾ら田舎でも夕方帰るとそこそこ渋滞する訳だし、だったらその時間ジグ投げてた方が幾らか気分良いし・・・ 

という程度のノリ。

おお、太陽も随分とローライトアングルになったじゃねぇか?と思って居たら、不意に素晴らしいナブラが眼前に広がる。
ふ~ん、こりゃまた随分と小さなサワラの大宴会だ。

まぁ、犬達の餌の確保だと投げる。 もう、釣れればナンでもOKなのね。

しか~し、こりゃまた良くもスレでも引っ掛からんものだと感心する位に無反応。

そうか、お前ら無視か・・・ なら良いや、俺も無視してやっからな!


こういう大規模な雑魚ナブラの下に大きな本命がウロウロしていた事が過去に多数あるんだなぁ。 勿論ダメな時もあるんだけど・・・


ネチネチと深い所を責める。
な~んもないわ・・・  

しつこいおじさんは人間のおねえさんにも嫌われるもんなぁ。 今日はつくづくダメな日なんだなぁ・・・

と、思いながらも、モクモクとキャストだけは続ける。  
ナブラの下を下を攻める。

「グスッ!」

ほう、いきなり来たわいな! ヤズだったら良いけどなぁ・・・
いや、どうもサワラっぽい。 

顔見知りの漁師が来て僕のタモを取り、掬って呉れた。
「あれ、このサワラは上等だなぁ」なんて言う。

うん、55~6センチ位だね。
2014-11-20 16.48.35-2

やっと魚を釣った気分になった。
その後、同じサイズを一匹追加。

「パン!」と海から異音がしたので、ヤズじゃね?と漁師とその音の方向を確認するが、「プシュ~!」と出たのは、恐らくスナメリでは最大級に立派な奴。

同時に魚っ気がゼロになった。


夕闇が少しづつ迫って来て、寒くなって来た。


寒くて震えてるんだか、酒が切れて震えているんだか解らんなぁ!

と、言って見れば、こんな下らない冗談でも、本当に寒いので漁師には大いにウケた。
どうも酒を飲みたくなってきたという事で漁師は帰る。




ヨレヨレの爺さんが入れ替わりに来る。
「アジなの?」と聞けば「うんにゃ、太刀」と言う。

ええ?まだ釣れているの?
寒いし、流石に帰ろうと思って居たが、一匹顔を見てから帰る事にする。

ふふん、キビナゴを付けてのウキ釣りだと小さいながらも元気なタチウオがポンポンと景気よく上がる。

いゃ~、普通ポンポン行くのはルアーでしょ?と思うが、タチが小さ過ぎるのかずっとバレ続ける。




仕方がないので、爺さんの横まで行って

寒くて震えてるんだか、酒が切れて震えているんだか解らんなぁ!

と言って見る。

本当に寒いので、馬鹿ウケする。






また暫くモクモクとシャクシャクする。 触るがバレる。 凍え死にしそうだ。
随分遠いが、もう一人見たことある爺の所まで行って様子を見る。  

ええ?、もそんなに釣ったの? キビナゴ強し!



ついでだから、


寒くて震えてるんだか、酒が切れて震えているんだか解らんなぁ!

と、言って見る。

爺さん腹を抱えて大笑いに笑う。   ・・・・ そんなに面白い訳ないでしょ?

寒さは人の思考能力を大幅に落とすものらしい。




そして、とうとう僕にも来ましたよ。
指3本チョイオーバーの美味そうな奴です。

写真はこんなのしか無い。 だって寒くて上手く撮れなかったんだもん。


2014-11-20 18.20.10


しかし、随分とシブい海になりました。
でも、シュアジギの極意はお解り頂けたと思う。

ナンでも良いから釣れるまで投げ倒せ!

まぁ、これに尽きますな。





34位です。 有難うございます。

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村
2013-06-27-Thu-18:31

【 シュアジギ 】 40グラムの鉛で釣れた魚達

少しお休みしていた間の事を書こうと思ったのだけど、ずっと書いて居なかった分を書くのって案外面倒なのと、行ってないとは言ってもごく普通のその辺の釣り好きなおじさんよりは遙かに釣行回数は多いので、細かい事は実は思い出せないのです。

今年の海は非常に不調でコレと言った釣果にも恵まれません。 まず、二月まで豊富だったベイトが薄いです。
漁師に聞くとイワシ全然ダメらしいです。 ですから青物も全く聞かない。

このままなら当然今年はダメなんですが、ダメなりに時々グレ釣り(フカセね)で魚の引きを思い出しながら遊んでいます。 パン粉でそこそこ大きいのが釣れるチープさが良いのと、普段身軽にジグばかり投げ倒しているので、道具立てが煩雑なのはどうも苦手になってしまったみたいです。 パン粉だけだと普段のフカセよりも数段身軽でよろしい。


千々石湾は去年アジが散々でしたが、今年はそこそこいる様で、一回の釣行で1~4匹程度掛かります。 大体岸から80~60メートル位で食って来ます。

20130416_063530.jpg

大きい奴で30センチちょっと越える程度なんですが、先週マメアジでおじ様達が湧いている波止でも沖にはちゃんと居ましたので、なんだかずっと釣れる気がしています。

先週釣ったアジ


今年びっくりしたのは、ジグでシロギスが釣れてしまった事です。
それも大きいという訳でもない全然普通のキスゴサイズなので頭を捻ります。 5月中盤から半月程ジグを追ったみたいで、複数の知り合いからも報告を受けましたので、時期とかやり方を絞れば狙う事も出来そうな感じでした。  それとも今年だけなのでしょうか。

キスだって釣れたもん


ここ数年マルスズキが若干薄いと感じていましたが、今年は多いです。  なんだか何処に行っても沢山居るみたいです。   これも五月でしたが、狙っても居ないのに毎回大きなスズキが足元までジグを追うので、足元でパニックダンスさせると横からパシャっと横取りした魚です。

デイでメバルも来る

冬場のメバリングは散々でしたが、今はコイツも多いです。
でもねぇ、こんなに大きなジグで晴天の昼間に釣ったのは初めてでした。



番外ですが、昼間にメバリングタックルでやるとサバゴ、マメアジ、小さなカマスがボチボチ釣れています。
でもまぁ、狙うほどじゃありません。

狙って釣れるのは、コイツと

チビカブ君


コイツ

なんて言うんだっけ?

運が良ければ30センチ程のアコウが釣れます。 僕には全然来ないけど。




2013-04-02-Tue-09:42

【 シュアジギ 】 さて、シュアジギの開幕だ。

三月も後半からボチボチサーフに出掛けていたのですが、スズキを上げた人を一人見ただけで、僕は全くカスリもしなかった。 そうこうしていると半島中間部でヤズを掛けたとの情報を得て、やっぱ暫くは普通に漁港廻りを攻めた方が良さそうだと判断しました。



3月30日。  T漁港

二月に夜中のアジングに二回程立ち寄ったのだけど、お日様の下で堤防に立つのは久しぶり。 なんかこういう感じ好きだなぁ。

しかし、気合とは裏腹にジグには何の生命反応もない。
北の風が強くてキャストが困難になってきたので、O漁港に移動。 此処は意外と風が当たらないのでラクチンキャスト。 だが、ベイトが全然居ない。 沖に立つ白波を観察しながらキャストだけ続ける。
一時間くらいで沖の波が消えたので、またT漁港に移動する。 予想通り風が治まっていた。

地元の顔見知り数人と話しながらの釣りになる。
漁港外の海ではエタリが沢山遊んでいるが、何かに追われている素振りはない。
サビキのおじ様方は型の良いアジやらマイワシやら良いお土産を釣っているので、やっぱりジギングやるなら此処が一番期待できそうな気がする。

時期的にマダイが出ても良いと思うので、マダイ釣りの心算でジグを投げ倒す。
潮が動き出してエタリが良い感じで動き出した。 お、なんか出そうな・・・なんて思っていると、沖からツルン、ピカッと・・・5~6頭のスナメリが入って来た。  こいつ等も食って行かないといかんもんなぁ。
プシュ~、プハッとやりだしたので、場所を浅い所に移動する。  ヒラメ狙わせて下さいねとサビキ釣りのオジサン達の間に入れて貰う。

一時間程やるが、ナンも追わない。 スナメリ君も居なくなったので、また漁港外でやる。
ゆっくりしゃくると何か触った。 お、この触り方はアレじゃないのか? フリーフォールする。ちょっと置いてゆっくりしゃくる。 乗った。 グルン、グルンと重量感であの魚で確定。 後は高級か大衆向けかの問題ですが、上がって来たのは大衆向け。

シマフグです。大きいんだぞ。

写真ではナンだけど、このシマフグ君は大きかった。 
白子は残念ながら無し。メスだから。
涙を呑んで肝と卵巣にはサヨウナラする。 食べると僕がこの世からサヨウナラするから。丁寧に身欠きに仕上げて家で煮付けにして食べました。 やっぱり美味いですわ。

さて、このフグが釣れたので、狙いはすっかりフグになってしまって投げ倒す。
地元のおばさんが寄って来て、「フグ良いなぁ~」と物欲しそうな顔をするので、次に釣れたらやると約束する。

そんな約束がいけなかったのか、次に来たのは・・・

これも美味しいグチ君です。

やっぱり美味しいグチ。
おばさんにグチ要る?と聞くが、いや、フグが良いという返事。

しかし、仕事もあるので此処で時間切れ。 なんかほんわり楽しかったのでまた来よう。






4月1日。 

夜明けのタイミングで入りたかったが、仕事が溜まっていて、9時頃現場着。
サビキのおじさん一人。 黙々とマイワシを釣っている。

仕事関係者に海で遊び倒しているのをバラしたくないので、今年からUV対策に余念がない。 頭からズッポリマスクを被る。 そして偏光グラス。 その上に釣りキャップを被る。 不審者丸出しだが、真っ赤に日焼けしてにやけて仕事するより良いかも知れない。

結果から先に言えばこの日は何が悪いのかシブかった。 水温が下がったみたい。
二回程大きな魚が追いかけて来るのが見えた。 黄色いデカイ奴はシマフグだったみたい。 白くてデカイ奴はナンだったのでしょうか?  

水温が高くなり易い浅場でワニエソを二匹掛けた。

今年初のワニエソです。

犬用にキープ。
なんだいエソかよ~と良く聞くけど、エソも居ない所で良い魚釣った事ないもん。 僕は好きだけど。
ベイトは意外と大きくて、投げているジグとバッチシのマッチザベイト。

ま、春先は水温変化にはシビアですもんね。 でも裏を返せば上がれば釣れるって事ですね。
すっぱり諦める事も大事です。

後一回くらい春チヌをやってからジグに戻ろうと思います。
今年は真夏の夜の穴子やアカエイも楽しむ算段しています。 ま、釣れればナンでも楽しい奴なんで・・・
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。