ココは只の水溜りなのか

釣りキチゆえに今まで釣具屋さんにお支払いした金額でラク~に家が建つ男が、チープに目覚めてご近所を釣りまくる!というお話

--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-04-21-Tue-11:59

【 チヌ フカセ 】 恒例、春チヌ釣り納め。

4月17日。千々石湾某所。

ルアーばかり作っているので、肝心の釣りにはあまり行けて居ないのですが、暇を見つけては短時間コノシロを釣って犬の餌を調達したり、チヌを釣ってやっぱり犬の餌にしたりと犬の餌フィッシングマンと化した僕なのでしたが、久しぶりに一日じっくりフカセをやれる時間が取れたので、行って来ましたよ。

愛するおチヌ様を丁寧にキチンと釣りたいという事なんですが、まぁ、チヌなんてお魚は何処でも釣れるお魚なので、超久しぶりに誰でも何時でも入れる何処にでもある港で、おじ様達の間にお邪魔して、誰よりも沢山、しかも大きいお魚を釣ってやろうじゃないの!という計画です。

撒き餌はトライアルで買った¥199の集魚剤に¥99のパン粉と¥700のオキアミまぜまぜ。
稼ぎが悪いので、お安く済ませて居ります。

さて、大体この辺が良かろうとやって来た港ですが、着いて見ると北風ビュービュー!こりゃダメだぁ・・・
しかしなぁ、この風だと諫早方面まで逃げないと釣りにならない訳で、諫早で春チヌ釣り納めっていうのも、なんかドラマに欠ける気がするので、ここはキッパリ計画変更で、普通この状況では釣らないでしょ?という感じの中で、一人バンバン釣る!という方向で行く事にする。    まぁ、馬鹿です。


しかし、春チヌならこっち釣るよな!という場所は真正面からの風で、立っているのがやっとという状態。
いやいや、これでもやるさ!と準備を始めると、波が防波堤を越える始末・・・アブねえじゃないか?

渋々風を横から受ける堤防に移動するが、此処は底が砂地なんだよね。 夏のメイタの数釣りには良いかも知れないけど、春の場所じゃない。 オマケに気に入らないのは、竿二本程度と深いんですね。  
良く僕は此処で青物狙いでシュアジグやるんで、底の状態は熟知して居ます。  しかし、此処しか釣りにならんもんなぁ・・・

海水を少な目にして、撒き餌を練りに練る。  竿二本の深場でフカセなんてテレビに出る人がやる事ですが、仕方ない。
ま、砂地なんで竿はゼロ号をチョイス。  それなのにハリスは1・5号を選ぶ馬鹿です。 ええと、理由があるんだよね。
マダイが出る可能性が高いんです。  取れる取れないは知らんけど、80センチオーバーは良くルアーの後からついて来るのが見えますので・・・一応ですね。

バッカンの撒き餌を三分の一位ドバァ~と撒いてから、さぁ、第一投!とやるも風で流され明後日の方向へ! しかもラインがぐちゃぐちゃ!  やっぱり釣りの条件としては最悪だぁ。

いちから仕掛けを直すが、3Bの沈め探りで行く事にする。 これだと重いからナンとかなるでしょ!

此処の堤防は干潮時で海面から6メートル程の高さ。 防波堤の釣りの良い所は視認性が良い事。
沈めて行くが、磯だとラインの張りで色々と想像する所ですが、かなり沈めても何とかウキが見えます。

本当の所海中の深い所での撒き餌との同期は解らないのだけど、こうやって見るとかなり出来て居る感じに見える。
一時間程同じ釣りをして、チヌは食い逃げしない魚なので、これで出ないのなら僕のやり方がミスマッチか、本当にチヌが居ないかのどっちかだよなぁ・・・と思っていると、海中のウキがスーッと加速して視界から消えた。

ラインが張って竿引きになるまで待つ。  「ガツン!」来た。  ふふん、これで正解だったのね!
まぁまぁ大きいので走って貰って楽しむ。

何処から見ていたものか、おじさんが来て掬いましょうか?と声を掛けて呉れるが、いや、充分楽しみたいので・・・とやんわり断る。

しかし、春チヌの割りには良く引くよなぁ。 超楽しい! 
充分に楽しませて頂いたチヌは多分50センチは切れている感じなんだけど、2キロは越えて居そうなギンギンの雄。

正確なサイズは良く解らない。何故なら通りかかりのばあ様にやったから。 手当り次第人にプレゼントしてしまう変な癖が抜けない馬鹿なのだ。


一番大きな奴なんですが・・・

写真で見ればお解りだろうが、その後に釣れたキチヌもキチヌとしては相当大きいですね。 
僕はキチヌと小さ目なチヌ一匹だけお持ち帰りしました。

実は一番大きなオスを掛けてから、若干風が弱くなったし、イマイチ本当に撒き餌との同期に自信が持てなかったので、ゼロゼロの全層に仕掛けを変えて居ます。

こっちの釣りも本当に深場で有効なのか?は知りませんが、自分としてはしっかり探れる自信があるのです。
ま、その後連発しましたので、大体正解なのでしょう。

この日は結局全体で5枚上げる事に成功しまして、これ以上釣っても下品なので、釣り座を綺麗に掃除してヤメにしましたが、釣れているという事で他にも入った人はやっぱり深場を攻略出来ないで撃沈していました。
強風で深場は本当に難しいですよ。



今回の釣りでもしかして・・・という発見をしました。
実は今回掛けたチヌは全部雄でした。

以前もこんな事が有った事を思い出したのです。 その日も自分が思った場所に入れず、仕方がないので春チヌ狙いにしては潮通しが良い深場の砂地で、やっぱり引きの強い雄ばかりを釣った事が有りました。

たまたまの偶然なのかも知れませんが、チヌは雌雄で餌場が違うんじゃないか?なんて思ってしまいます。

つまり、お腹がデップリした動きが悪いメスは産卵場近くの流れが緩い、所謂春チヌポイントで餌を取り、より泳力の高い雄のチヌは少し離れた潮通しが良い場所で餌を取るのではないでしょうか?

そうする事で餌場での競合を避けてコンディションが良い個体同士での乗っ込みを実現させているのではないでしょうか?

だとしたら、僕は苦手なんですが、深場の砂地の潮通しが良い場所の釣りをもう少し勉強しようかしら?
ビッグママも良いのですが、一匹釣れば帰ろうかなぁ・・・なんて熱が冷めますが、雄の強引はゲームとしては魅力だなぁ。

もし、釣り分けが可能なのであれば、雄ばっかりお相手したい!と思った次第です。



綺麗な雄ですよね。

今回はとても綺麗で元気なチヌ達と遊ばせて貰いました。 楽しかった。
でも、春チヌ釣りは僕はこれでお仕舞いにします。 また来年グッドコンデションのお魚と遊びたいものですね。






ええと、結構多くの人が検索して下さっているのですが、更新サボってゴメンナサイ。  ちょっとルアーメイキングばかりしてたのです。 そっちの方も多分ボチボチ書く事になると思いますので、気長に時々遊びに来て下さいね。

皆さまの良い釣りをお祈りします。

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2014-03-26-Wed-12:17

【 チヌ フカセ 】 春チヌに振られるが大ボラを釣る

3月24日

やっと釣りに時間が取れる余裕ができたので、夜明けから磯に入る心積りだったのだが、日頃の疲れのせいか早起きできなかった。

それでも自宅から1時間半程掛ければ上等な地磯がたんまりある長崎だ。 ゆっくり自宅を出る。
途中釣り具屋に寄って撒き餌を買う。 オキアミは溶かして置いてあるので助かる。

何処で釣ろうかなぁ・・・

西海橋近辺をウロウロする。 潮が小さいので何処にでも入れる感じだが、やっぱ此処はシーバスで入るのが楽しいよねと思う。 止めた。

やはり食べて美味しい魚が良いと思い直して大島を目指す。
大島大橋を渡ってタオルを忘れた事に気付く。 コンビニに寄ってタオルを買う。
このコンビニのスグ裏でもデッカイチヌが釣れるんだけどな。  折角島に渡って一番汚い所で釣らんでもな・・・

知人の家の前に車を停めて磯歩きの準備をする。
あれれ?少し風が出て来た様な・・・仕方ないなぁ・・・

風裏になる島の北西部に変更する。
軽自動車でいっぱいいっぱいの道を行く。   此処は磯場と言っても車横付けのラクチン磯場だ。

一応背負子で釣り具を担いで4~50メートル歩く。 磯歩き終了。


片島見えるなぁ

片島を目の前にマズはあいさつに撒き餌を入れる。  実は僕が入る前に誰か入っていたと解る。 この近辺の人は磯を掃除して帰るという習慣がないのです。  撒き餌入れながら磯の掃除もする。

ゆっくり仕掛けを組んでいると風が廻って来た。 イカンな・・・ま、暫くは軽い仕掛けで持つ程度の風か・・・

期待を込めて第一投。  浅い場所だから、最初からバンバン撒き餌入れて、近くにチヌが居た場合は一投目から出る事は多い。

しかし、期待は裏切られてナンの反応もない。 
キチンと底まで探れているし、ナンか居れば釣れるだろうに、ベラもアラカブもフグも来ない。
風は段々強くなる。

三十分程やっているとカタクチイワシが大量に寄って来た。  青物居ないかな? ルアー持って来てないのにナブラを探す。 まぁ、イワシが落ち着いているのでそんな上等な奴は居ないか・・・

しかし、撒き餌に何か寄った感じがするので刺しエサを張って浮かせて見た。
狙い通りビュンと糸が走る。

なんだよグレかよ。

上がって来たのはまぁまぁのグレ。  僕にとっては足の裏あれば上等です。
でも、チヌ釣りに来たので、グレかぁと思う。  グレ釣っている時のチヌもおのれチヌめ!となるけど、そんな感じ。

グレ用に仕掛け変えようかなぁ・・・

この辺から風も本気で吹く様になって来た。 ウキが邪魔になって来たので沈める。
道糸は1.5号だし、浅場だしウキさえ沈めればナンとかなる。

僕は竿一本半より浅い釣り場でないとマズ入らないです。 理由はその位の浅場でないと刻々と変わる変化に付いて行けないからです。

それにしても此処で根魚が一匹も来ないのは案外釣り荒れしているのかも知れない。

何か大きな影が撒き餌の層を横切る。  ボラだろうな。
完全に撒き餌と同期させてから、ちょっと張りを強く取って刺しエサを浮かしてやる。

ウキが走った。
ボラが掛けてもっと楽しい魚なら、僕はボラ釣りをしても良いと思う。  これだけ良く引くのに楽しくない魚ってちょっと珍しいと思う。  そういえばルアーしてる時のエイも楽しくないですね。

楽しくないのだが、食味という点では嬉しい。 しかもボラもエイも大きい程旨くなる変わり物だという共通点がありますな。

まぁ、いやらしくネチネチファイトして呉れたボラ君もやっとこさ獲る。

狙ってボラ

旨そうだ。磯の上で一人ニヤニヤする。

これで50センチ位のチヌ一匹出ればもう帰って良いな。  勿論写真撮ってビッグママには海にお帰り頂くぞ。


その後良い潮が動き出したので、今だ!と気合を入れるが、最初の奴より少し大きいグレ。


まぁ、僕には大物


まぁ、全然嬉しくない事もないがチヌは何処だ?
しかし、丸々太ったグレだなぁ。

その後底を丹念に探るが何もない。
チヌは食い逃げする魚じゃないので居ないと判断。 撒き餌の量と風の具合で後3~40分で限界と判断して仕掛けをグレ用に替える。

ところがグレってば狙えば釣れない。  パン粉以外で釣るグレって難しいね。パン粉だとホイホイ釣れるけどな。

なんて思っているとガクンと乗る。 
もうこのころになると風はビュービュー、波はザバザバで何が来たんだかさっぱり解らんが、ナンか掛けても楽しくない魚っぽい。

ああ、やっぱり楽しくない!  しかし、デカイ!
ギュイ~ンと糸鳴りは止まない。
寄せては走り、寄せては走り・・・ ああ、キツイ。  でもでも、旨そう。

もう食い意地だけで釣る。
コレ獲って帰るんだもんね。  一週間で食えるか?

3~4キロのヤズ獲る方が楽だわと思っていると良いタイミングの大波。
波によいしょと乗せてやる。  上手い事乗った。

磯に残ったボラを走って蹴り上げる。

これ大物ですよ。

状況的にこれ以上は望めないので、此処で納竿。
磯を掃除していると人が来る。 

チヌ釣りに来たらしいが全然釣れなかったらしい。 色々ウロウロしたが、今日はどこも釣れていないらしい。

そうですね、僕も大島でチヌに振られたのは実にこの10年間で二度目です。 こんな日は珍しいですよ。と応対する。
でもね、と釣ったボラを見せる。

デッカイ!  何遍も手尺で測る。 ええ?クロも大きいじゃないですか?と言われて悪い気はしない。
いや、クロ(グレ)は僕には最大級ですよ。 不味いでしょうけどね。 と旨かったら儲けものだと思いながら話す。

ま、こんな感じでこの日はダメでした。  大島ではグレ狙いで入った浅場で一ヒロで流して居てもチヌはバンバン普通に出る位チヌの魚影は濃いです。  この日は運が悪かったと諦めました。


さて、肝心の魚のお味ですが、ボラはハズレ様がない旨さで幸せでした。
グレは普通に旨いと言えば旨いのかも? 皮目を焼いて薄造りしたり、カルパッチョにしたり、工夫はしました。
ま、今の時期はまだ変な臭みもないので旨い魚の部類でしょう。
2013-03-20-Wed-17:39

【 チヌ フカセ 】 実は二回目の春チヌ(西海町 大島)

近所でちょこっとメバリングしたり、ちっこいシーバスで遊んだりはしたのだけど、此処に書く程ではないなぁという事でずっと放置してました。

2月20日を過ぎて少しは美味いもの食うか?という事で、例年よりかなり遅くなりましたが、西海町の大島にチヌフカセに行きました。 此処はポイントを公開しても全然大丈夫なくらいのチヌ所で、どんな場所で実釣してもチヌの顔を見ない方が難しい場所でもあります。 厳冬期でも水深も関係なく出せる所なんですが、ま、チヌ釣りなんで、気分的に竿一本あるのかな?という地磯にテクテク歩いて行って釣るのが僕は好きです。

ミズイカの3㌔くらいがボチボチ出る時期ですが、なんもかんもやると何釣っているのか解らなくなるので、フカセの時はフカセ一本で行きます。
この日は大変寒い日で北西の風がビュービューで、なんと10年ぶりにチヌで坊主を食らいました。
最近はルアーばっかりするものだから、腕が落ちたのでしょうか・・・

チビカブだ

一日やって小さなアラカブ一匹。  ルアーだったらもっと釣れるぞ。



3月19日。

仕事が西海方面だったので、釣り道具を車に積んで行く。 
無理して早朝から仕事こなして昼前に釣り場に着く。 時間がないので車の近くで釣るかいな?と思うが、前日の春の嵐の影響で海にうねりが残っていたので、考えを変える。  40分程歩くが地磯を選択する。

4年程前になるが、その場所で3連続で大バラシをやらかしたのを思い出したからだ。 その日はもう少し大きなウネリが残っていて、どうにも付け餌が安定しなくて、僕は重い仕掛けは嫌いなのだが針を棚チヌのデッカイ奴に替えた途端にアタリが連発した。 

50cmアップを捕った後の三連発は強烈で、コクンコクンと50メートル以上は軽く走られて、これ以上は沈み瀬がなぁ・・・という事で止めるが止まらずバラすというパターンが二回。
後一回は存分に走らせて瀬に巻かれた。  59.5cmまでは釣った事があるのですが、まぁ、多分それ以上なのかなと思っています。

という訳で状況が似ているので、その時の敵うちという訳です。
三月もこの時期にチヌを釣るのは僕的には珍しい。 ポカポカ陽気で釣るのはどうにもチヌ釣りじゃない気がする変な人です。  まずは大きなボラでも釣れないかなぁ、とか、ヒガンフグも良いなぁとか思うがそんなものもこんなものも小物のベラさえ釣れない。 こりゃマズイ。

そのうちポカポカ陽気も雲行き怪しく、南から強風が吹き出した。
仕方がないからウキを沈める。 こりゃ、3時位が辞める潮時だろうか?と考える。 このままじゃ二連敗です。
チヌ所の長崎の、馬鹿でも釣れる大島で二連敗はちょっと考え難い。

ラインを張って流していたので、プンっと本日の初アタリ。 餌盗りだ。素針を引いた。4時間やってチャンス到来だ。
よし、と思うが、此処で更に風が強くなる。 ウネリも相変わらずだし、チャンスは短時間と判断して思い切ってウキを外してJ6のデッカイ水中ウキオンリーの仕掛けにする。 ラインの張りだけでアタリを取る。

その一流し目で結果が出た。  底潮は思った以上のアテ潮でラインの張りに苦労する。手前の海草が繁茂した根元辺りで付け餌は安定したみたいだ。 根掛りせんかいな?と思っていると、「ドン!」と重く乗った。

そこそこ大きいのは判るのでまずは走って貰う。 ちょっと停めてみる。 おお、デカイなぁ・・・コクンコクンと伸されそうになるのでまた送る。少ししてまた止めるが、伸されるのでまた送る。 なんのかんので40メートルくらい走った。この辺かなと思うので止める。なんとか止まった。 竿尻を魚に向ける角度が出来上がった。後は楽しむだけだ。 チヌの重い引きは楽しい。

20メートル程寄せてギラっと反射する姿を見る。 思っていたより小さい。走らせ過ぎか。
タモ入れ態勢に入ってから一発ハリスが瀬に触れる。 危ない危ない1.2号だもん。 でもチヌ釣るのにこれ以上太いの使う気になれない。 普段は1号なんです。


53センチのチヌ

それでも充分に楽しませて呉れたチヌに感謝する。状況的にこれ以上釣っても楽しくない。ナイフでスグ〆る。
体長はやはりファイトしながら想像していたより小さい53cmでした。 でも久々の50アップなので素直に喜ぶ。

地磯をスタスタ歩いて車に戻るとお兄ちゃんが港のこんな浅い場所で?という所でチヌの数釣りを楽しんでいました。 僕が「大島メイタ」と呼ぶ42~45cmくらいの腹パンパンの奴です。 話しをするともっと小さいのが釣れたとも言っていました。  僕は正月から5月に掛けて大島で40センチを切るチヌを釣ったのは僅か二回。
自慢じゃなくて、この島のアベレージが42~48という事です。

4~5月になると大島西岸のええっ?という浅場で木っ端グレ釣りながらの満潮前後の短時間でチヌの数釣りが楽しめます。 ルアーを通せばマダイも有望です。
その頃は皆イカイカと殺気立っていますので、のんびり楽しめます。 勿論イカも寄って来ますのでちょこっとの時間で案外お土産も釣れちゃったりします。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。